中上の最高峰クラスデビュー戦は17位「次戦はもっと大きく前進したい」

シェア
コメント
中上の最高峰クラスデビュー戦は17位「次戦はもっと大きく前進したい」
2018/03/18 22:15

中上貴晶がMotoGP最高峰クラスデビュー戦に挑み、17位でのフィニッシュを果たした。

 2018年のMotoGP開幕戦カタールGP。最高峰クラスデビュー戦を戦った中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、17位でフィニッシュした。

 予選直前のフリー走行4回目で転倒、その影響で23番グリッドからのスタートとなった中上だったが、前を行くライダーの脱落などもありポジションアップ。レース終盤にはトーマス・ルティ(マルクVDS)とのバトルを繰り広げ、結局17位フィニッシュとなった。

 中上はチームのプレスリリースに、次のようにコメントを寄せている。

「今回の開幕戦の週末で僕を力強く支えてくれたLCR Honda IDEMITSUの皆に、まずは心からの感謝をしたいです」

 そう中上は語った。

「土曜の予選と今日の決勝に関しては、もちろん満足のいく結果ではありませんが、レースを最後まで走りきることで多くのことを学べました」

「次戦のアルゼンチンでは、もう一歩、あるいはもっと大きな前進を果たしたいです。MotoGPで走行するのは初めてなので、今回の経験を活かしてさらに力強い走りを身につけます」

 次戦アルゼンチンGPは、4月8日に決勝レースが行われる。

次の MotoGP ニュース
ドヴィツィオーゾ”4度目の正直”「勝つのは義務のように思っていた」

前の記事

ドヴィツィオーゾ”4度目の正直”「勝つのは義務のように思っていた」

次の記事

中上貴晶、MotoGPデビュー初戦の予選は23位「全力でレースに挑む」

中上貴晶、MotoGPデビュー初戦の予選は23位「全力でレースに挑む」

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント カタールGP
サブイベント Sunday race
ロケーション ロサイル・インターナショナル・サーキット
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
記事タイプ 速報ニュース