KTMのブラッドリー・スミス、来季より開催のMotoEに参戦決定

シェア
コメント
KTMのブラッドリー・スミス、来季より開催のMotoEに参戦決定
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2018/11/06 11:23

KTMからMotoGPに参戦するブラッドリー・スミスは、来季よりMotoEに参戦することが決まった。

 KTMのファクトリーライダーであるブラッドリー・スミスは、来シーズンよりMotoGPのサポートレースとして開催されるMotoEに、SICレーシングチームから参加することが決定した。なおスミスは、アプリリアのテストライダーを務めることも決まっている。

 スミスは以前、MotoEに対する関心があることを明かしていたが、MotoEとアプリリアからのワイルドカード参戦というふたつの選択肢の間で妥協案を見つけなければならないと話していた。

 SICレーシングは、イタリアを基盤とするエネルギー供給会社『ヨーロッパ・エネルギー』の会長であるマッテオ・バラリンとの提携もあって、スミスは『One Racing Energy』というチームからエントリーすることになる。

 スミスは、「モーターサイクルの世界において、完全に新しい時期を迎えた。MotoEに参加することになって、とても興奮している」と話した。

「チームと僕は、この新しい技術を学び、適応するという大きな仕事を抱えている。だけどこのチャレンジに向けて準備が整っているという自信を持っている」

 またチーム代表のヨハン・スティグフェルトは、次のように話した。

「我々にとって、ブラッドリーとサインをできたというのは素晴らしいことだ。彼は最高峰レベルでの大きな経験を持ったライダーだ。彼がうまくやってくれると期待している」

「ブラッドリーには難しいチャレンジになるだろう。我々はトップの結果を狙いながら、謙虚になる必要がある」

「我々が作り上げたチームは素晴らしい。豊富な経験もある。私はこの機会にも、そして我々のパートナーらによるサポートにも感謝したい」

 現時点では、スミス以外にもザビエル・シメオン(アビンティア・ドゥカティ)や元125ccクラス王者のニコラス・テロル、女性ライダーのマリア・エレーラもMotoEへの参戦が決まっている。

次の記事
”わだかまり解消”へ。ドゥカティのふたりがミラノで話し合い

前の記事

”わだかまり解消”へ。ドゥカティのふたりがミラノで話し合い

次の記事

ロッシの好ペースにヤマハ復活の兆し? ビニャーレスが寄せる期待

ロッシの好ペースにヤマハ復活の兆し? ビニャーレスが寄せる期待
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ブラッドリー スミス
チーム Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース