タイGP決勝:マルケス、ドヴィツィオーゾとの再びの一騎打ち制す

シェア
コメント
タイGP決勝:マルケス、ドヴィツィオーゾとの再びの一騎打ち制す
執筆: 松本 和己
2018/10/07 7:56

MotoGP第15戦タイGPの決勝は、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが今季7勝目を飾った。

 MotoGP第15戦タイGPの決勝レースが行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが、タイトルを大きく引き寄せる

 タイのチャーン・インターナショナル・レースは気温32度、路面温度52度という灼熱のコンディションで、MotoGP初開催を迎えた。なお、ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)はFP2での転倒の影響で欠場している。

 スタートでは、ポールポジションのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)がトップをキープ。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とグリッド通りのトップ3となった。

 14番手スタートの中上貴晶は、スタートで19番手までポジションを落とすと、3周目の最終コーナーで転倒を喫してしまった。

 ロッシは1周目からマルケスの背後にぴったりとつけ、時折イン側へ飛び込む素振りを見せた。4番手にはマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)を交わしたカル・クラッチロー(LCRホンダ)が浮上した。

 ロッシは残り22周となった段階でトップに立つと、ドヴィツィオーゾも離されまいとマルケスを交わし2番手へ浮上した。ただロッシが後続を引き離すには至らず、トップ5が先頭集団を形成した。

 残り16周となると、ロッシの加速が鈍ったことでドヴィツィオーゾが先頭、マルケスが2番手と言ったオーダーに。とはいえドヴィツィオーゾがひとり抜け出すわけでもなく、先頭集団は8台ほどまで膨らみ、数珠つなぎの隊列でレースが進んでいった。

 レースが折り返しを過ぎても、こう着状態は続く。しかし徐々に4番手のクラッチローが遅れ始め、トップ3が少し抜け出す形に。クラッチローはビニャーレスやダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)に相次いでオーバーテイクを許した。

 残り8周、トップ5の中で最も良いペースを出していたペドロサが、5コーナーでスリップダウンを起こし転倒。MotoGP引退が決まっているペドロサは、最初で最後のタイGPをリタイアで終えることになった。

 各ライダーが無理を出来ない状態なのか、トップ集団にもあまり動きがない中、ビニャーレスがロッシをパスし3番手へ。ロッシは徐々にトップ3から遅れていってしまう。

 レースも残り少なくなってくる中、マルケスはロングストレートエンドの3コーナーでドヴィツィオーゾの前に出るが、止まりきれなかった。

 残り3周を切ると、いよいよ優勝争いが激化。マルケスがサイド・バイ・サイドのバトルを仕掛けるが、ドヴィツィオーゾも譲らずトップでファイナルラップに突入した。

 マルケスは、インフィールド区間で意表をつくように、ドヴィツィオーゾのインに絶妙な飛び込み。トップを奪われたドヴィツィオーゾは最終コーナーのブレーキングで逆転を試みるも、止まりきれずオーバーラン。クロスラインでうまく加速したマルケスが、見事タイGP初代王者に輝いた。

 奇しくも、かつて両者が雨の日本GPで繰り広げたような、最終コーナーでの争いを彷彿とさせるようなバトルだったが、今回の勝者はマルケスだった。

 これでマルケスはタイトル争いの上でも77ポイントまで広げた。残るは4レース。次戦日本GPでさらにリードを広げることができれば、もてぎでの戴冠が実現する。

 ヤマハはビニャーレスが3位、ロッシが4位。ヤマハとビニャーレスにとって、ドイツGP以来の表彰台獲得となった。

 中上は転倒の後ピットに戻り、走行再開。2周遅れでレースを完走している。

【リザルト】MotoGP第15戦タイGP:決勝結果

次の MotoGP ニュース
タイ予選:ロッシ復活も、マルケスが僅差でポール獲得を阻止。中上貴晶14番手

前の記事

タイ予選:ロッシ復活も、マルケスが僅差でポール獲得を阻止。中上貴晶14番手

次の記事

MotoGPコラム:舞台はフライアウェイへ。もてぎに向けた日本人ライダーの戦い

MotoGPコラム:舞台はフライアウェイへ。もてぎに向けた日本人ライダーの戦い
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント タイGP
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース