FP4で転倒のラバトは右足を複数箇所骨折。事故目撃のリンス「言葉がない」

シェア
コメント
FP4で転倒のラバトは右足を複数箇所骨折。事故目撃のリンス「言葉がない」
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2018/08/26 9:38

FP4で転倒し、さらには後続の転倒車両とぶつかったラバトは、無事に手術を終えるも、決勝レースを欠場する。

 アビンティア・ドゥカティのティト・ラバトは、MotoGP第12戦イギリスGPの予選で転倒し、さらには後続の転倒車とも接触し、すぐさま病院へ搬送され外科手術を受けた。手術は無事に終了したが、右足を複数箇所骨折し、決勝レースの欠場が決まった。

 予選前に行われたFP4の途中から雨が強まり、ターン7”ストウ・コーナー”で転倒するマシンが続出する中、ラバトはセッション終了間近にここで転倒。さらに、彼の後に転倒したフランコ・モルビデリ(マルクVDS)のバイクが、ラバトに直撃してしまったのだ。

 その後ラバトはヘリコプターでコヴェントリー大学病院へ搬送された。検査の結果、右脚の大腿骨、腓骨、脛骨などを骨折していたことが明らかになった。

 これにより、ラバトはすでに決勝レースの欠場が決まっている。またアビンティア・ドゥカティのリリースによれば、彼は母国スペインに戻る前に、土曜日の夜に”緊急外科手術”を受けることになっていた。

 ターン7では、ラバトよりも前にアレックス・リンス(スズキ)が転倒していた。バイクの制御を失い、自らバイクから飛び降りたリンスは、その場で大きく手を振って後続のバイクに注意を促していた。

 そのためリンスはラバトのインシデントを一部始終目撃しており、次のように説明した。

「今日起こったことは信じられない。あれを説明する言葉がない」

「僕はピットを出た後、ハンガー・ストレートでコース上の水量が多いことに気がついた。赤旗になるだろうと思っていた」

「だけど赤旗が出なかったので、ウエットコンディションの中でフィーリングを改善しようと走行を続けた」

「その次のラップでは、ストレートを半分ほど走ったところでアクセルを緩めてブレーキをかけようとした時に、タイヤがロックしてしまい徐々にウォールが近づいてきた。だから僕はバイクから飛び降りたんだ」

「その後そこでティトを見た。彼は仰向けになっていた。僕は彼に向かって叫んでジェスチャーをしたのだけど、彼は動くことができなかった」

「モルビデリがコントロールを失っているのも見た。僕には、彼のバイクがラバトの足にぶつかるのを防ぐことも、彼(ラバト)が2、3メートル投げ出されるのを防ぐこともできなかった。恐ろしい衝撃だった」

 アビンティア・ドゥカティのツイッターによると、ラバトの手術は無事に終了し、彼は日曜日まで入院することになるという。

 なお、MotoGPクラスの決勝レースのスタート時刻が前倒しされることがすでに発表されており、現地時間11時半、日本時間では19時半に変更になっている。

次の MotoGP ニュース
1-2体制築いたドゥカティ、揃ってウエットコンディションに自信見せる

前の記事

1-2体制築いたドゥカティ、揃ってウエットコンディションに自信見せる

次の記事

MotoGPイギリスGP:スケジュール変更甲斐なく、雨のためスタートディレイ

MotoGPイギリスGP:スケジュール変更甲斐なく、雨のためスタートディレイ
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ティト ラバト , アレックス リンス
チーム Avintia Racing
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース