アレイシ・エスパルガロがレーススチュワードに怒る「彼らがいる意味はない」

アプリリアのアレイシ・エスパルガロはMotoGP第10戦スティリアGPでレース中にマルク・マルケスのオーバーテイクが理由でコースアウトを余儀なくされたのにも関わらず、マルケスにペナルティを科さなかったレーススチュワードに対し、怒りを露わにした。

アレイシ・エスパルガロがレーススチュワードに怒る「彼らがいる意味はない」

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、MotoGP第10戦スティリアGPのレーススタート直後、第1コーナーでアプリリアのアレイシ・エスパルガロをコースアウトさせた。

 その後、レースはエスパルガロのチームメイトであるロレンソ・サヴァドーリとKTMからワイルドカード参戦をしたダニ・ペドロサの衝突により、赤旗中断となった。

 その赤旗中断に伴いピットに戻る際、エスパルガロはマルケスに対し怒りを露わにした。しかし、再びレースが再開された第1コーナーでまたしても接触があり、エスパルガロはマルケスに押し出されてコースアウトをせざるを得ない状況になった。

 エスパルガロは今レースをエンジントラブルによってリタイアしたものの、彼の怒りはレーススチュワードの対応に向けられた。また、レース中コースアウトをした原因となるマルケスに対しては、「毎戦彼はこのようなオーバーテイクをしている」という理由で、責めることはなかった。

「マルケスに関して責めるつもりはない。意味がないんだ。『マルクはマルク』だからね」

 エスパルガロはこのように述べた。

「彼は過去10年、どのレースでも同じようにオーバーテイクしている」

「僕が非難したいのは、レーススチュワードだ。彼らはレースではなく、最終日のオリンピックを見ていたのかもね」

「マルケスはレース中の行動を自分で決めたのだから、誰が何をしようが自由だ。だけど、スチュワードはペナルティを科さなければいけない」

「僕が言いたいことは、他にスペースがないところで彼がぶつかってきたということだ。特に1回目のレースでは腕に強くぶつかってきた。それで僕はコースアウトさせられたんだ」

「あれはラッキーだったよ。なぜなら、リンス(アレックス・リンス/スズキ)がそこにいたけど、大クラッシュになりかねなかったからね」

「2回目もそうさ。レースディレクションが何かしてくれるか待ってみたいと思う。なぜなら、あのような行動を見たら、ペナルティを科すものだからさ」

「だから僕たちにはルールがある。僕が一番腹立たしいのは、あるライダーが他のライダーを転倒させた時にだけ、ペナルティが科せられるということだ。だけど、ペナルティはその行動に科すものであって、(転倒させたかどうか)結果は関係ない」

「もし僕が、リンスにぶつかって2人とも転倒をしていたら、それは『転倒』(ペナルティ対象)になる」

「でも今日は、誰も転倒してないからペナルティはない。だとしたら、何のためにスチュワードはあるのか。意味をなさないのなら必要ないね」

 エスパルガロはまた、スチュワードとライダーの間のコミュニケーション不足を取り上げ、『これは”勝てない戦争”だ』とした。

「僕は彼らの仕事について何もわからない。ライダーとスチュワードとの間にはコミュニケーションがないんだ」

 このようにエスパルガロは付け加えた。

「僕は彼ら(スチュワード)を非難する。全ライダーはセーフティコミッションにいるのに彼らはいない。だから彼らと話をすることができないし、全員がペナルティを知っているわけじゃない。イライラするけど、これは僕たちに勝ち目のない戦争なんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
中上貴晶、10番手から追い上げ5位。「パフォーマンスには満足。電子制御に改善の余地あり」
前の記事

中上貴晶、10番手から追い上げ5位。「パフォーマンスには満足。電子制御に改善の余地あり」

次の記事

現王者ミル、スティリアGP2位も「マルティンは素晴らしいレースをした」と勝者称える

現王者ミル、スティリアGP2位も「マルティンは素晴らしいレースをした」と勝者称える
コメントを読み込む