ヤマハとの関係崩壊ビニャーレス、早期のアプリリア加入の可能性も? エスパルガロ兄は歓迎姿勢

ヤマハ離脱が決まっているマーベリック・ビニャーレスは、チームから出場停止を言い渡されるなど関係悪化に歯止めがかからないが、来季の加入が噂されるアプリリアのアレイシ・エスパルガロは早めにチームへ加入しても歓迎すると語った。

ヤマハとの関係崩壊ビニャーレス、早期のアプリリア加入の可能性も? エスパルガロ兄は歓迎姿勢

 アプリリアは2022年シーズンのライダーとしてマーベリック・ビニャーレスの獲得を検討していると噂されているが、同チームのエースライダーであるアレイシ・エスパルガロは、早めの加入となってもビニャーレスを歓迎すると語った。

 8月12日、ヤマハはMotoGP第11戦オーストリアGPにおいてファクトリーチームのライダーであるビニャーレスを出場停止すると声明を発表した。彼らは2021年限りで契約を早期終了させることが発表済みだったが、まだシーズン半分が残る状況でのこうした決定は大きな波紋を呼んだ。

Read Also:

 ヤマハはプレスリリースで今回の決定がスティリアGPでのビニャーレスのマシン操作がイレギュラーなもので、エンジンにダメージを与える可能性があったこと、他ライダーも危険に晒す可能性があったと指摘している。

 第12戦以降の出場可否については今後の話し合いによって決めていくと、ヤマハは説明しているが、シーズン末を待たずに契約の早期打ち切りを行なう可能性が高いと思われる。

「知ってると思うけど、僕のアプリリア初年度は問題だらけで、すべきことができていなかった。ここ数年で改善してきて、チーム皆の結束も高まっている。今は反応も違ってきている」

 アレイシ・エスパルガロはそう語る。彼もかつてエンジンの品質の低さなどをめぐってチームと衝突することもあった。ただ、彼はチームとライダーの関係が非常に重要であると説いている。

「チームがどうサポートしてくれるかにもよる。僕はバルセロナで転倒してしまったけど、何かを言われることはなかった。落ち着こうと試みる事が必要なんだ」

「正直、ヤマハの声明は読んでいないから分からない。だけどとても悲しいことだと思う。何度か電話をかけたけど、マーベリックとは話せていないんだ」

「僕らはトレーニングも一緒に何日かしたけど、何も言っていなかったから、彼も予期していなかったんだと思う。どうであれ、この知らせは悲しく深刻なモノだ。彼がまたすぐにレースできることを願っている」

 ビニャーレスに関してはもともとヤマハ離脱後にアプリリアへ移籍するのではないかと言われていた。アプリリアからの発表も無い今、この事案が交渉に影響を及ぼすことも考えられる。ただエスパルガロは、早めのアプリリア加入も歓迎する姿勢を見せた。

「ロレンソ(サヴァドーリ)には素早く復帰ができるように、チームはすぐに手術を受けさせようとしたけど、怪我は予想よりも深刻だったようだ。彼がシルバーストン(イギリスGP)で復帰するのは難しいと思う」

「マッシモ(リボラ/チームCEO)にも(アプリリアとテストを行なったアンドレア)ドヴィツィオーゾは来られないか頼んでみたけど、それも不明だ。ドヴィはMotoGPを退いてから常にレースをしたいと言っているけれど、そんなに熱心じゃないと思う。僕にチームメイトが居ないんだからね」

「アプリリアには素晴らしいチームがあり、バイクも成長している。彼にとって精神的にも、スポーツとしても良いことなら、歓迎すべきだろう」

「でも単純なことじゃない。シーズン中ならなおさらだし、準備するのも大変だ。まずはヤマハとの件の進捗がどうなるか様子を見て、そして最終的に彼がアプリリアに来ることになれば、それは素晴らしいことだろう」

「もうひとつの可能性だけど、ウチには強力なテストチームが今年はあるから、彼が残りのシーズンでテストすることもできる。ただ時間が経過して、このニュースが落ち着くのを待ちたいところだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
レッドブルリンクがコース改修。来季のMotoGPに向けてシケイン追加……F1は現行レイアウトを維持

前の記事

レッドブルリンクがコース改修。来季のMotoGPに向けてシケイン追加……F1は現行レイアウトを維持

次の記事

現MotoGP王者ミル、ヤマハとビニャーレスとのイザコザに「誰も真実を知らない……彼はFCバルセロナのメッシ状態」

現MotoGP王者ミル、ヤマハとビニャーレスとのイザコザに「誰も真実を知らない……彼はFCバルセロナのメッシ状態」
コメントを読み込む