MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

アレックス・マルケス、レプソル・ホンダ入り決定? 兄弟チームが実現か

シェア
コメント
アレックス・マルケス、レプソル・ホンダ入り決定? 兄弟チームが実現か
執筆:
2019/11/16 15:37

ホンダは引退を決めたホルヘ・ロレンソの後任として、Moto2チャンピオンのアレックス・マルケスと契約間近だと言うことが、motorsport.comの調べで明らかとなった。

 11月14日(木)、レプソル・ホンダのホルヘ・ロレンソは、ホンダとの2年契約を早期に終了させ、2019年シーズン限りで現役を引退すると公表。これによりホンダのファクトリーチームは、シートがひとつ宙に浮いた。

 そのロレンソの抜けた穴を埋める後任候補としては、現在中上貴晶の代役としてLCRホンダから参戦しているヨハン・ザルコが有力候補だと考えられていた。

 しかし、2019年のMoto2クラスチャンピオンであるアレックス・マルケスが、2020年の契約をマルクVDSと結んでいるにも関わらず、その候補として浮上。兄弟チーム結成の可能性も考えられるようになった。

 motorsport.comの調べによると、契約はまだ結ばれていないものの、状況は契約間近だと見られる。

「もちろん、アレックスは選択肢だ。彼の“名前”ではなく、彼自身の真価を考慮しなければならない」と、レプソル・ホンダのチームマネージャーであるアルベルト・プーチは語った。

 また兄であるマルクは、ホンダの決定に自分が影響を及ぼそうとは思わないと語っていた。ただ、レプソル・ホンダチームで弟と組むことは、自身の望みに適う物であるとも認めた。

「弟とチームメイトになりたくない、と言ったら嘘になるだろうね。だけど僕は状況を無理強いしたことはないし、これからもそうだ」

「僕のチームメイトは誰であれ、僕と比較される。そして弟は常に僕と比較されてきたんだ」

 アレックスはホンダと1年間の契約を結ぶと考えられており、ホンダはそれによって多くのファクトリーチームのライダーが結んでいる2年間の契約サイクルを乱すこと無く、2021年に向けた行動を取ることができるだろう。

 またアレックスがバレンシアGP後に行われるポストシーズンテストに参加するか、そして契約が直ちに結ばれるかどうかは分かっていない。

 加えて、現在は2020年の行き先が決まっていないザルコだが、アビンティアからMotoGPに復帰すると考えられている。ただ同チームは既にティト・ラバト、カレル・アブラハムと契約を結んでいるため、誰と置き換わるかははっきりとしていない状況だ。

Read Also:

次の記事
Moto2バレンシア予選:ナヴァッロがポールポジション獲得。長島哲太はQ2進出ならず

前の記事

Moto2バレンシア予選:ナヴァッロがポールポジション獲得。長島哲太はQ2進出ならず

次の記事

MotoGPバレンシア予選:初優勝目指すクアルタラロ、今季6回目のポール獲得

MotoGPバレンシア予選:初優勝目指すクアルタラロ、今季6回目のポール獲得
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アレックス マルケス , ヨハン ザルコ
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Oriol Puigdemont