MotoGP オランダGP

アレックス・マルケス、グレシーニと契約延長。2026年までチームに残留「僕の目標は常にベストに近づくこと」

アレックス・マルケスは、グレシーニ・レーシングと新たに2年契約を結び、2026年まで同チームからMotoGPを戦うことが決まった。

Alex Marquez, Gresini Racing

Alex Marquez, Gresini Racing

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 アレックス・マルケスは、新たに2年契約を結び、2026年のシーズン終了までグレシーニ・レーシングに残留し、MotoGPを戦うことが発表された。

 MotoGPオランダGP前にmotorsport.comが報じたように、アレックス・マルケスのチーム残留はいつ正式発表が行なわれるかという段階で、結果的に週明けすぐに発表が行なわれた。

 今回アレックス・マルケスは2026年までの契約を結び、現行レギュレーションの最終年まで、ドゥカティのバイクに乗ることになる。

 現在グレシーニではマルケス兄弟がコンビを組んでいるが、すでに兄のマルクは2025年からのドゥカティ・ファクトリーチーム昇格が決まっている。

 来季以降、アレックス・マルケスが誰をチームメイトに迎えるかはまだ明らかとなっていない。

Alex Marquez, Gresini Racing

Alex Marquez, Gresini Racing

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 グレシーニ・レーシングのオーナーであるナディア・パドヴァーニは、次のように語った。

「アレックスは私たちの教え子です。2年前に加入して以来、彼とチームの相乗効果は素晴らしく、レースを重ねるごとに強くなっています」

「彼のポテンシャルは分かっていますし、すでにそれを示しています。あとは一貫性が必要なだけです」

「サーキットの内外で彼の価値を理解している私たちにとって、彼との契約更新は当然の動きでした」

「私は、今年についても結果が必ずついてくると確信しています」

 アレックス・マルケスは、「グレシーニに残ることが一番の目標だった」と語った。

「このチームに加入して以来、僕の目標は常にベストに近づくことだったが、それはまだ達成できていない」

「今シーズンのスタートは期待したものではなかったが、チームは強いし、どこに行けるかもわかっている。だからナディアの信頼に感謝したいし、すぐにお祝いのパイナップルピザで彼女に恩返しができると確信している」

 

前の記事 バニャイヤの速さに、まさにお手上げ! 決勝も2位のマルティン「今日のレースは言い訳もできない」
次の記事 プラマック、ヤマハ陣営入りの2025年はアンドレア・イアンノーネを起用? チームオーナーが可能性示唆

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本