MotoGP オランダGP

アレックス・マルケス、グレシーニとの契約延長へ。ドゥカティMotoGP陣営で3シーズン目に挑む

グレシーニのライダーとしてMotoGP最高峰クラスに参戦するアレックス・マルケスが、同チームとの契約を延長したようだ。近日中にも正式発表される見通しである。

Alex Marquez, Gresini Racing

Alex Marquez, Gresini Racing

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 MotoGPに参戦するグレシーニは、アレックス・マルケスとの契約を2025年シーズンまで延長したようだ。

 2020年にホンダからMotoGP最高峰クラスにデビューしたアレックス・マルケス。ホルへ・ロレンソが引退したことで空いたレプソル・ホンダがその1年目のマシンだった。その後LCRホンダに移籍し、MotoGPを戦ったが、ホンダ陣営は軒並み低迷。2022年限りでホンダ陣営を離れ、翌年からはドゥカティ陣営のグレシーニに加入することになった。

 グレシーニでの1年目には2回の表彰台を獲得。イギリスGPとマレーシアGPでは、スプリントレースでの優勝も経験した。そして2024年には、チームメイトとして実の兄であるマルク・マルケスを迎えた。

 マルク・マルケスは今季限りでグレシーニを離れ、来季からドゥカティのファクトリーチームに移籍することが決定。一方でアレックス・マルケスは、グレシーニとの契約延長を選んだようだ。近日中にも正式発表がなされるものと見られている。

 MotoGPの2025年シーズンの各チームのシートは、急速に埋まりつつある。

 マルク・マルケスがドゥカティのファクトリーチームのシートを手に入れ、ホルへ・マルティンとマルコ・ベッツェッキがアプリリアへの移籍を決定。さらにマーベリック・ビニャーレスはアプリリアを離れ、テック3・KTMに加入し、エネア・バスティアニーニとコンビを組む。またKTMのファクトリーチームは、ペドロ・アコスタとブラッド・ビンダーの組み合わせとなることも決まった。

 なお昨年まで2年連続でMotoGP王者に輝いているフランチェスコ・バニャイヤは、今シーズン開幕前にドゥカティとの契約を延長。ファビオ・クアルタラロもヤマハとの契約を2年延長した。

 ホンダ/HRCは、ルカ・マリーニとヨハン・ザルコとの契約を2025年末まで締結。ジョアン・ミルも陣営に残るものと見られている。 

 

前の記事 WSBKのラズガットリオグル、2025年MotoGP転向!? BMW移籍1年目でまさかの展開に
次の記事 プラマック、ドゥカティ陣営から離脱&ヤマハサテライトチームへ!? オランダGPで発表予定との情報

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本