10位フィニッシュでも喜べない……中上貴晶「へレスでベストリザルトを狙う」

シェア
コメント
10位フィニッシュでも喜べない……中上貴晶「へレスでベストリザルトを狙う」
2019/04/15 7:01

LCRホンダの中上貴晶はアメリカズGPで10位フィニッシュを果たし、3戦連続のトップ10入りを果たしたが、レース内容には満足していないと語っている。

 LCRホンダの中上貴晶は、MotoGP第3戦アメリカズGPを10位でフィニッシュし、3戦連続のトップ10入りとなった。

 中上は15番グリッドからスタート。しかしオープニングラップでポジションを19位まで下げてしまった。中上はレース後、スタートは自体は悪くなかったが、前を走るホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)がラインを変更したことが要因だと話している。

「今日はスタートがあまりよくなかったうえに、1コーナーでロレンソ選手がラインを変更した際にラインが重なってしまい、ポジションを落としてしまいました」と、中上はプレスリリースにコメントを寄せている。

「そのあとザルコ選手を抜くのに手間取り、前のグループから遅れてしまいましたが、前を走る選手が転倒したり、トラブルがあったりで、ポジションを上げていくことができました」

 その後、中上は徐々にポジションを回復、ラップタイムも向上していき、終盤にはアンドレア・イアンノーネ(アプリリア)をパスし10位となった。

「終盤に向けてペースを上げていけましたし、もう少し周回があれば8位も可能だったと思います。追い上げているということもありますが、最終ラップにベストラップを出せたのはポジティブでした。10位という結果には満足しています」

 中上自身、レースウィーク前にはサーキット・オブ・ジ・アメリカズでのレースには自信があると語っていただけに、10位フィニッシュも満足はしていないと話している。

「ただ、内容は序盤の2戦に比べてあまりよくはありませんでした。正直、このサーキットは自信があったので、今季ベストを期待していましたが、トップから31秒差の10位というのは、素直には喜べない内容でした。序盤の2戦は10秒以内でしたし、この遅れについては、これからしっかり検証して次のレースに活かしたいです」

「これで序盤の3戦が終わりました。とりあえず3戦連続でトップ10フィニッシュを達成し、ヨーロッパラウンドを迎えられるのはうれしいです。次のヘレスは得意なサーキットなので、ベストリザルトを目指します」

次の記事
「リンスが僕より速かった」……優勝を逃したロッシ、2位表彰台に悔しさ

前の記事

「リンスが僕より速かった」……優勝を逃したロッシ、2位表彰台に悔しさ

次の記事

MotoGP初優勝&スズキ3年ぶりの勝利! リンス「ロッシを負かしたなんて信じられない」

MotoGP初優勝&スズキ3年ぶりの勝利! リンス「ロッシを負かしたなんて信じられない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第3戦アメリカGP
サブイベント Race
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
まずは最新ニュースを読む