ライダー刷新のアプリリア、マルティン&ベッツェッキの超強力ラインアップも「それが唯一の疑問」

2025年のMotoGPのライダーラインアップを決めたアプリリアのファクトリーチームは、一新されたラインアップが来年に向けた唯一疑問符になっていることを認めた。

Marco Bezzecchi, VR46 Racing Team

Marco Bezzecchi, VR46 Racing Team

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 アプリリアは2025年のMotoGPを戦うライダーとして、マルコ・ベッツェッキを獲得したと発表した。これによって同チームは、来季のライダーラインアップを完全に刷新する形となるが、この点は課題になりうると認識しているようだ。

 アプリリアの近年の競争力向上において重要な役割を果たしてきたアレイシ・エスパルガロが、2024年限りでの引退を決定。彼は来年、ホンダでテストライダーになると見られている。そして今年のアメリカズGPでアプリリアに勝利をもたらしたマーベリック・ビニャーレスも、テック3・KTMへの移籍を決めた。

 このふたりの後任としてアプリリアは、ドゥカティ陣営からホルヘ・マルティンとマルコ・ベッツェッキを獲得。強力なラインアップになったと言えるだろう。

 しかし彼らふたりは、ドゥカティからアプリリアの移籍となるため、マシンに素早く適応できるかどうかがとても重要になる。ライダーがふたりとも変わってしまうということは理想的ではなく、チームもそれが唯一疑問符が付く部分だと考えている。

「それが我々にある唯一のクエスチョンマークなんだ」

 アプリリア・レーシングのマッシモ・リボラCEOはそう語った。

「ふたりのライダーを一度に変更してしまうのは、理想的なことではないからね。しかしこれだけの優れた才能を持つふたりのライダーなのだから、我々は正しく予想したと思っているよ」

「確かに理想的ではない。しかし我々にはサテライトチーム(トラックハウス)があるし、彼らが少しでも我々に継続性を与えてくれることを期待している」

「繰り返しになるが、これは理想的ではない。しかしマルティンとベッツェッキのようなラインアップと仕事できるのなら、喜ぶべきであろう」

Marco Bezzecchi, VR46 Racing Team

Marco Bezzecchi, VR46 Racing Team

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 なおライダーふたりが他陣営へ移ることになったことで、今シーズンの残り期間で開発を誰が主導するのかについて尋ねられたリボラCEOは、テストライダーのロレンソ・サヴァドーリの役割を強調した。

「正直に言って、我々は長年にわたってテストライダーを務めてくれているロレンソ・サヴァドーリに感謝しなくてはならない」

「彼がワイルドカード参戦した時には、このバイクがあまり競争力が無いようにも見えただろう。私は、彼が我々のための犠牲になってくれていると言いたい。やるべきことをやるためには、メーカーやチームに対するその姿勢や愛が必要なんだ。そしてこれまでのところ、我々は常に正しい方向へ歩んできた」

「アレイシは既に何年も一緒にやってきていたため、マーベリックのライディングスタイルが我々の開発のさらなるブーストになったのは間違いないだろう。そして、サテライトチームを確保したことも、さらなる前進につながった」

「もう間もなく、2024年型のRS-GPが4台並ぶ(近くトラックハウスのラウル・フェルナンデスが2024年型のシャシーを入手する予定)ので、それもさらなるステップアップに繫がっていくだろう」

「ノアレ(拠点)のテストチームと開発部隊は非常に素晴らしい仕事をしていると思う。もちろんまだ十分ではないが、十分というのは決してあるものではないということも分かっている。ただ我々は彼らの仕事ぶりを信頼しているし、大いに頼りにしているんだ」

 

前の記事 アプリリア、マルコ・ベッツェッキと複数年契約。2025年シーズンはファクトリーチームでマルティンとコンビ
次の記事 ヨハン・ザルコのプロ精神、LCRチェッキネロ代表が称賛。ストイックさは”アーティスト”レベル

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本