アプリリアのロレンソ・サヴァドーリ、右足首骨折の手術完了。イギリスGPで復帰目指す

MotoGP第10戦スティリアGPでクラッシュしたアプリリアのロレンソ・サヴァドーリは、足首骨折の怪我を負い手術を受けた。次戦オーストリアGPは欠場し、イギリスGPでの復帰を目指している。

アプリリアのロレンソ・サヴァドーリ、右足首骨折の手術完了。イギリスGPで復帰目指す

 レッドブルリンクで開催されたMotoGP第10戦スティリアGPでは、レース3周目にダニ・ペドロサ(KTM)がターン3で転倒すると、コース上に残されたペドロサのマシンへロレンソ・サヴァドーリ(アプリリア)が衝突。マシンが炎上し、レースが赤旗中断となる事態が発生した。

 サヴァドーリはクラッシュ後、担架に乗せられてコースを後にしていたが、後に右足首を骨折していると判明。週明けの9日に手術を受けた。

 13日からは同じくレッドブルリンクでの連戦となるオーストリアGPが予定されているが、この負傷のためサヴァドーリは欠場となり、8月末のイギリスGPでの復帰を目指すことになった。なお同じくクラッシュしたペドロサは怪我がなく、赤旗中断後のレースにも参加し、10位でポイントを獲得している。

Bike of Lorenzo Savadori, Aprilia Racing Team Gresini after his crash

Bike of Lorenzo Savadori, Aprilia Racing Team Gresini after his crash

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 またオーストリアGPでの代役に関してアプリリアは言及していないが、現在アプリリアとテスト契約を結んでいるアンドレア・ドヴィツィオーゾがMotoGPのレースシーンに復帰する可能性は存在する。

 アプリリアは声明で次のように記している。

「ロレンソ・サヴァドーリは(9日)午後にイタリア・パルマの大学病院で手術を受けた」

「手術は完璧に成功しており、ライダーは可能な限り速くレースに復帰するために、すぐに回復へと向かうことになる」

 マシンが炎上する事態となったクラッシュだが、ペドロサはなぜ転倒したのか分からないとした上で「サヴァドーリには申し訳ないことをした」と語っている。

 レッドブルリンクでは昨年も大きなクラッシュが発生しており、ライダー側からは安全性に関する疑問も呈されていたが、今回のクラッシュについてはサーキット特有の問題ではないと見ているライダーが多い。

 

Read Also:

シェア
コメント
KTMのフェルナンデス昇格発表、配慮が足りなかった? テック3&現ライダー2名が不満見せる
前の記事

KTMのフェルナンデス昇格発表、配慮が足りなかった? テック3&現ライダー2名が不満見せる

次の記事

クアルタラロ、スティリアGP3位に「これ以上はムリだった」と白旗。連戦はリヤグリップ改善が鍵か

クアルタラロ、スティリアGP3位に「これ以上はムリだった」と白旗。連戦はリヤグリップ改善が鍵か
コメントを読み込む