中上貴晶、全力アタックでQ2へ「レースペースでも大きく前進」

シェア
コメント
中上貴晶、全力アタックでQ2へ「レースペースでも大きく前進」
2018/09/23 4:30

アラゴンGPの予選、最後のアタックでタイムアップしQ2進出を果たした中上貴晶は、11番グリッドから決勝に臨むことになった。

 MotoGP第14戦アラゴンGPの予選が行われ、LCRホンダの中上貴晶は予選Q2進出、12番手となった。他のライダーにペナルティがあった影響で、中上は11番グリッドから決勝に臨む。

 フリー走行1回目(FP1)は19番手だった中上は、FP2にかけて約1秒タイムアップ。しかし19番手は変わらなかった。土曜日のFP3も17番手と総合トップ10には喰いこめず、予選Q1からの出走となった。

 しかしFP4では大きな前進を果たし11番手。続いて行われた予選Q1でも土壇場でタイムアップし、Q2進出を果たした。

「今日はとてもいい予選になりました。FP3からFP4にかけて、ハードタイヤのレースペースで大きな前進をできて、ソフトタイヤのフィーリングも上々でした」

 中上はそうチームのリリースにコメントを寄せた。

「Q1では全力を出し切って走り、最終ラップには思いきり攻めたので、フランコ(・モルビデッリ)にかなり近いタイムまで行けたと思ってはいましたが、ラッキーなことにこの周回が自己ベストタイムだったので、Q2へ進出することができました」

 予選Q2では、巡り合わせもあってうまくアタックをまとめられず。それでも中上は決勝に対して前向きに意気込みを語った。

「Q2では、コース上でうまく位置取りを掴めずに少し厳しくなってしまいました。カル(クラッチロー)について行こうとしたのですが、アタックをやめてしまい、その後にマルク(マルケス)を追いかけようとしたのですが、彼も途中でアタックをやめてしまったので、うまくまとめて走りきることができませんでした」

「世界最高峰のMotoGPなので、なかなか一筋縄ではいきませんが、これからも毎戦学習を続け、いいところで走れるように努力を続けます。明日の決勝は長く厳しいレースになると思いますが、いつもがんばってくれるチームのためにも、是非ともいい結果を獲得したいです」

次の MotoGP ニュース
ロッシ、予選の戦略失敗で18番手「自分でQ2に行く力はなかった」

前の記事

ロッシ、予選の戦略失敗で18番手「自分でQ2に行く力はなかった」

次の記事

ロレンソ、”Moto3のような”アラゴン予選を批判「罰則を科すべき」

ロレンソ、”Moto3のような”アラゴン予選を批判「罰則を科すべき」
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント アラゴンGP
サブイベント 土曜日 予選
記事タイプ 速報ニュース