MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
55 days
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
69 days
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
18 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
90 days
R
オランダGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
111 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
139 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
146 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
174 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
189 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
196 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
209 days
R
オーストリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
217 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
238 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
245 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
252 days

ザルコ加入への布石? アビンティアがドゥカティとの関係を強化

シェア
コメント
ザルコ加入への布石? アビンティアがドゥカティとの関係を強化
執筆:
2019/11/19 6:34

アビンティアはドゥカティとの契約を更新。さらにサポート体制を強化し、来季ヨハン・ザルコを加入させる道を整えているようだ。

 MotoGP2019年シーズンが終了し、2020年シーズンに向けて行われるバレンシアテストを控えた18日(月)、レプソル・ホンダは今季限りで引退となったホルヘ・ロレンソの後任として、アレックス・マルケスを起用することを発表した。

Read Also:

 この発表で、2019年シーズン終盤3戦に中上貴晶(LCRホンダ)の代役として参戦していたヨハン・ザルコのMotoGP残留は、可能性がさらに小さくなった。

 ただザルコに関しては、アビンティアに加入してMotoGPに残るのではないかという情報もあった。しかし当人にそれを訊くと、『アビンティアはトップチームではなく、自分の望むところではない』と否定的で、アレックス・マルケスの移籍で枠の空くマルクVDSでMoto2に復帰するほうが良いと話していた。 

 そうした状況の中、motorsport.comの調べによるとドゥカティの上層部とアビンティアの代表であるラウル・ロメロを交えて3者による会合が行われたようだ。そこではザルコにプロジェクトの妥当性を説得しようとしていたようだ。

 アビンティアは今後数シーズンの間、追加の技術サポートを受けてドゥカティとの関係を延長する事を決定した。

「今後、組織はイタリアのメーカー(ドゥカティ)のサテライトチームとなる。これは“パドックで一目置かれるチームになる”という目標に向け、チームが一歩前進するための重要な改善となるだろう」と、チームはリリースにコメントを寄せている。

 この動きはドゥカティがザルコに対して、アビンティア移籍が選ぶに値する、堅実な選択肢だと示そうとしていると見ることもできる。

 なおザルコがアビンティアに加入する場合、シートを失うカレル・アブラハムだと考えられている。

 また一時はジャック・ミラー(プラマック)がダニーロ・ペトルッチを追い出す形でファクトリーチームに加入し、空いたプラマックに加入するという噂も存在したが、現時点では両者ともチームに留まる可能性が高いと思われる。

From the editor, also read:

次の記事
ホンダ、アレックス起用は「Moto2タイトルありき」“マルケス”の名字は関係無し

前の記事

ホンダ、アレックス起用は「Moto2タイトルありき」“マルケス”の名字は関係無し

次の記事

MotoGPコラム:最後の日本人王者、青山博一。思い出のバレンシアで見つめる“未来”

MotoGPコラム:最後の日本人王者、青山博一。思い出のバレンシアで見つめる“未来”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
チーム Avintia Racing
執筆者 Lewis Duncan