バニャイヤ、“引退“の師匠ロッシを予選で牽引アシスト「僕にできることはこれくらい……」

MotoGPバレンシアGP予選で、フランチェスコ・バニャイヤはバレンティーノ・ロッシを後方に引き連れて引っ張ったシーンが見られた。彼は引退する師匠に向けて、自分にできることはこれしか無かったと語った。

バニャイヤ、“引退“の師匠ロッシを予選で牽引アシスト「僕にできることはこれくらい……」

 2021年のMotoGP最終戦バレンシアGP予選では、現役最後のグランプリとなっているバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)と、彼の弟子であるフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)が共にアタックに向かうシーンが見られた。

 1回目のアタックに向かった際、バニャイヤは後方にロッシを引き連れて走行。師匠を引っ張るような形でアタックに向かっていた。

 この際、ロッシはバニャイヤの後方でスリップストリームに入っていたが、ブレーキング時に彼と接触しそうになってしまい、ラインを外してアタックを中断するシーンもあった。ただそれでもロッシは予選10番手の確保に成功している。

「バレとは何か約束をしていたわけではない。でも僕の目の前でコースに向かっていく彼に僕ができるのは引っ張ることくらいだった。彼は僕らにたくさんのモノを与えてきてくれた」

 バニャイヤはそう語る。

「(接触しそうになった)バレの状況には覚えがある。僕もカタールで同じようなことがあったからね。多分スリップストリームに入って、僕のブレーキ時にもマシンが引っ張られていたんだろう」

「あとで彼には話を聞いてみるよ。ともかく、これくらいしか、僕がバレのためにできることはなかった。彼の助けになれるのなら、そうしたかったんだ」

 ロッシは「ペッコは予選で僕を助けてくれた。凄く嬉しいよ」とコメントし、手助けに感謝したいと語っている。

「なにか明確なプランを用意していたわけじゃない。僕は単に彼の後ろで予選を始めて、彼は僕を確認してからもプッシュし続けたんだ。だから、ペッコにはラップタイム改善の手伝いをしてもらったから、感謝しなくちゃね」

 バニャイヤ本人は、予選で2番グリッドを確保。プラマックのホルヘ・マルティンにわずかに上回られ、6戦連続のポールポジションとはならなかった。

「ホルヘはポールポジションに値するよ。セクター4での走りは完璧だった」と、バニャイヤはPPを獲得したライバルを称賛。ただ決勝ではいいレースができるだろうとも語った。

「今日は上手くいったと思う。ユーズドタイヤでも快適に走れていたし、普段は苦手とされているこのサーキットでのレースも、良いレースにできるチャンスがあると思う」

 
Read Also:

 

シェア
コメント
ロッシ、現役最後の予選で10番手確保「僕にとっても、チームにとっても最高の土曜日」
前の記事

ロッシ、現役最後の予選で10番手確保「僕にとっても、チームにとっても最高の土曜日」

次の記事

予選8番手クアルタラロ「何が起こっているのかわからない」と抜け出せない苦戦に困惑

予選8番手クアルタラロ「何が起こっているのかわからない」と抜け出せない苦戦に困惑
コメントを読み込む