バニャイヤ「転倒したミサノと同じようにプッシュした」3勝目アルガルヴェは“自己最高の週末”

MotoGPアルガルヴェGPで優勝したフランチェスコ・バニャイヤは、タイトル争いをしていた前戦エミリア・ロマーニャGPと比べてもプレッシャーに違いはなく“同じレース”をしたと語った。

バニャイヤ「転倒したミサノと同じようにプッシュした」3勝目アルガルヴェは“自己最高の週末”

 ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは、MotoGP第17戦アルガルヴェGPでポール・トゥ・ウィンを達成。彼はレースを振り返り、転倒で終えた前戦エミリア・ロマーニャGPとプレッシャーに違いはなかったと語った。

 バニャイヤは5レース連続でポールポジションを獲得。しかし前戦エミリア・ロマーニャGPでは、ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)とタイトル争いをしている状況で、トップを快走しつつも転倒し、ライバルにチャンピオン戴冠を許してしまった。

 今回のアルガルヴェGPも前回と同じくポールからのスタートだったバニャイヤ。タイトル争いのことを考えなくともよい状況になったことで、自由にライディングできるようになったのか? そう尋ねられた彼は、前戦とプレッシャーに違いは無いと語った。

「本当にミサノ(エミリア・ロマーニャGP)と同じだったと思う。同じレースをしたし、ミサノでしたようにプッシュしていた」と、バニャイヤは言う。

「ミサノでの僕はクラッシュしてしまったし、今回より不幸だった。今回は転倒しなかったし運を備えていたね。ハードタイヤをフロントに使わなかったからかもしれないけど」

「でも正直、自分としてはミサノから何も変わっていないと思う。前回、僕はタイトル争いの可能性を残すことを考えていた」

「タイトル獲得がかなり厳しいというのは、もう分かっていたことでもあった。仮にミサノを勝っていたとしたら、今日クアルタラロはクラッシュしなかったはずだ。それは間違いないだろう」

「だから問題はない。(ミサノでも)チャンピオン争いのプレッシャー無しでレースをしていたし、(今回も)同じことをしただけだよ」

 バニャイヤはアルガルヴェGPを“MotoGPで自己最高の週末”と自賛している。ただレース序盤はフロントのミディアムタイヤに自信が無かったため、難しい部分もあったと認めた。

「凄く満足している。今週末は僕のMotoGPの経験のなかでも自己最高のモノだったと思うんだ。マシンには素晴らしいフィーリングがあって、何もかもがより簡単で、どのセッションも楽しめていた」

「だから今回の仕事には凄く満足しているんだ。4月(第3戦ポルトガルGP)の2位と比べても、今回はより競争力を備えていると感じられた」

「嬉しいよ。フロントに履いたミディアムタイヤには他のレースよりもちょっと苦戦していて、スタートは難しかったかもしれないけどね」

「それで最初にプッシュしようとしていたんだけど、コーナリングするたびにフロントを切れ込ませてしまっているように感じていたんだ」

「でもだんだんと全てが良くなっていった。このレースを勝つことができて凄く嬉しいし、(ドゥカティが)コンストラクターズタイトルを勝ち取ることができて本当に嬉しく思う」

 
Read Also:

シェア
コメント
MotoGPアルガルヴェ決勝:終盤の転倒アクシデントで赤旗終了。バニャイヤがポール・トゥ・ウィンで3勝目
前の記事

MotoGPアルガルヴェ決勝:終盤の転倒アクシデントで赤旗終了。バニャイヤがポール・トゥ・ウィンで3勝目

次の記事

アルガルヴェ11位の中上貴晶「最後尾からの厳しいレースだったが、落ち着いて追い抜きができた」

アルガルヴェ11位の中上貴晶「最後尾からの厳しいレースだったが、落ち着いて追い抜きができた」
コメントを読み込む