バニャイヤ、“ライバル”クアルタラロの苦戦もアプローチ不変「唯一できることは、明日勝つことだけ」

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは、エミリア・ロマーニャGPでポールポジションを獲得。下位に沈んだタイトル争いのライバルであるファビオ・クアルタラロとは対照的だが、レースへのアプローチは変わらないと語った。

バニャイヤ、“ライバル”クアルタラロの苦戦もアプローチ不変「唯一できることは、明日勝つことだけ」

 ミサノ・サーキットで開催されているMotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの予選では、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤが最速タイムをマーク。4戦連続のポールポジションを獲得した。

Read Also:

 現在バニャイヤはランキング首位のファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)と52ポイント差をつけられている。クアルタラロの戴冠を阻止し、自身のタイトル獲得の可能性を残すためには、エミリア・ロマーニャGPでクアルタラロよりも3ポイント以上多く持ち帰ることが条件となっているが、決勝に向けて絶好のスタート位置を確保した。

 一方で、クアルタラロは雨となったこの週末を通じて苦戦。予選ではQ1からのスタートとなり、Q2進出にも失敗。決勝は15番手スタートと、バニャイヤとは対照的な結果となった。

 バニャイヤにとっては有利な展開となったと言えるが、彼はクアルタラロのスタート位置によって自分のアプローチは変わらず、明日は優勝を目指すだけだと語っている。

「彼が2番手だったとしたら、僕はプッシュする必要があった。でも彼が15番手からのスタートであっても、僕は同じようにプッシュしなくちゃいけないと思っている」と、バニャイヤは言う。

「それは、僕がチャンピオンシップ優勝の可能性を残すために、唯一できることは明日勝つことだからだ」

「だからファビオがもっと前からのスタートだったとしても、目指すところは同じなんだ」

 なお、バニャイヤも予選はQ1からのスタートだったが、Q1をトップタイムで通過すると、Q2でもスピードを発揮。しかし記録した1分33秒045のタイムが、ポールポジション獲得に十分なものだとは思っていなかったという。

「(FP3までの総合タイムで)トップ10に留まることができなかった」

「でもあのコンディションでは、Q1から始めた方が良かったのかもしれない」

「FP4ではフィーリングが凄く良かったし、走っていて一貫性も問題なかったんだ。その後のQ1では、セッションを通して走っていようと思った。周回毎に自信もついて、フィーリングは問題なかった」

「そしてQ2では、良いタイムを記録しようとしていたんだ。2回目のアタックではちょっと苦戦して、記録したタイムは十分なものだったとは思っていなかったけどね」

 決勝レースでは2番グリッドにチームメイトのジャック・ミラーが並んでいる。ミラーがバニャイヤを“援護”することも十分に考えられる状況だが、彼らは以前と同じようにチームオーダーについては話し合われていないと説明。ただそれでもバニャイヤとのレースでは“常識的な”アプローチを採るだろうとミラーは語った。

「今までのところ、僕は誰からもチームオーダーについては何も言われていない」

「ライダーとして常識を持っていくことが大事なことだ」

「僕たちは同じことを望んでいる。ドゥカティに勝って欲しいと、ベストな結果を獲得して欲しいと、みんなそう望んでいる。そして今のところ、ペッコ(バニャイヤの愛称)に最大のチャンスがある」

「そのこと自体で、僕の何かが変わることはない。僕もできる限りの最善を尽くすためにここにいるんだ」

「明日のレースでは、何が起こるか様子を見てみよう。でもペッコの速さは疑うべくもない。僕のレース展開が変わるとも思わないし、彼について行ってみよう」

「それか、アメリカズのように僕の方が速く走れるなら、追い抜いて彼を引っ張ってみたい」

「でも毎回3コーナーで仕掛ける……みたいなことをするつもりはないよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
マルケス、予選で“ラッキー”な転倒回避も「あの後自信を失ってしまった……」
前の記事

マルケス、予選で“ラッキー”な転倒回避も「あの後自信を失ってしまった……」

次の記事

クアルタラロ、予選Q1敗退はタイトル争いが影響? 「無意識のうちにリスクを避けていた」

クアルタラロ、予選Q1敗退はタイトル争いが影響? 「無意識のうちにリスクを避けていた」
コメントを読み込む