MotoGPヘレステスト2日目:2022年シーズン最初のテストはバニャイヤ首位で終了。次回は2月セパン

MotoGPのヘレステスト2回目が終了。ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤがトップタイムを記録し、MotoGPは短いオフシーズンへ入った。

MotoGPヘレステスト2日目:2022年シーズン最初のテストはバニャイヤ首位で終了。次回は2月セパン

 2021年のMotoGPが閉幕して数日。各チームはバルセロナからヘレス・サーキットへと移動し、2022年に向けた最初の公式テストへと臨んだ。

 テスト最終日となる2日目のトップタイムとなったのは、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤ。2番手は2021年王者のファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)、3番手にはアレックス・リンス(スズキ)が並んだ。

 テスト最終日はドライコンディションでスタートしたものの、風が強い状態のため、走行には一部影響を及ぼすことになった。

 それでも各チームは初日に引き続き、2022年シーズンに向けた新型バイクのテストを進めた。

 中でも精力的に走行したのはスズキのジョアン・ミル。73周をこなして6番手タイムを記録している。新型エンジンや新カウルなど様々なテストを重ねたミルだが、2022年型マシンの進歩には満足している様子だった。

 マルク・マルケスを欠いた状態でのテストとなっているホンダだが、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)は万全ではない体調ながらも、2021年型と2022年型のバイク比較を行ない、46周を走行している。またLCRホンダの中上貴晶も新マシンでの走行を行なっている。

 ドゥカティ勢はこのテストで、エアロカウル、エアインテーク、エキゾースト、ホールショットデバイスなど様々なパーツを試験。トップタイムを記録したバニャイヤからはすでに「完璧なパッケージ」との評価も飛び出している。

 なおバニャイヤの記録した1分36秒872は、サーキットレコード(1分36秒584)に迫るタイムとなった。

 ヤマハ勢も新シャシーやカウルといった2022年向けのテストプログラムを進行させた。ただ2021年型から、大きな進歩は感じられなかっという。

Read Also:

 KTMは2日目になり、テストライダーのダニ・ペドロサも出走。ファクトリーチームのライダーとともに、エアロカウルの検証を進めた。なおブラッド・ビンダーが転倒を喫している。

 アプリリアもシャシー、エキゾースト、エアロカウルをそれぞれテストしており、マーベリック・ビニャーレスはこの日、82周の走行を記録した。

 2022年シーズンは5名のルーキーがデビュー予定。テスト2日目は各ライダーが習熟を進めタイム差も縮まってきた。ルーキー勢ではファビオ・ディ・ギャナントニオ(グレシーニ)が最上位の19番手(+1.656秒)。20番手にラウル・フェルナンデス(テック3/+1.819秒)、22番手にレミー・ガードナー(テック3/+1.856秒)、25番手にマルコ・ベッツェッキ(VR46/+2.440秒)、26番手にダリン・ビンダー(RNFヤマハ/+3.069秒)となっている。

 MotoGPの年内のイベントは、これで終了。ライダー達は短いオフシーズンに入り、一方で各メーカーは来シーズンに向けた開発を更に進めていくことになる。

 2022年の最初のイベントは、1月31日のセパン・サーキットでのシェイクダウンテスト。2月5~6日にかけてプレシーズンテストが同地で行なわれ、さらに11~13日にかけては来シーズンに初開催予定のインドネシアのマンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキットでもテストが行なわれる予定だ。

 
Read Also:
Pos Rider Bike Time  Gap  Laps 
フランチェスコ・バニャイヤ Ducati 1'36.872   42
ファビオ・クアルタラロ Yamaha 1'37.324 0.452 68
アレックス・リンス Suzuki 1'37.423 0.551 59
ポル・エスパルガロ Honda 1'37.496 0.624 46
マーベリック・ビニャーレス Aprilia 1'37.622 0.750 82
ジョアン・ミル Suzuki 1'37.634 0.762 73
中上貴晶 Honda 1'37.672 0.800 36
エネア・バスティアニーニ Ducati 1'37.698 0.826 25
ジャック・ミラー Ducati 1'37.717 0.845 39
10  アレックス・マルケス Honda 1'37.760 0.888 56
11  ブラッド・ビンダー KTM 1'37.942 1.070 56
12  ルカ・マリーニ Ducati 1'38.025 1.153 56
13  アンドレア・ドヴィツィオーゾ Yamaha 1'38.029 1.157 58
14  ミゲル・オリベイラ KTM 1'38.085 1.213 56
15  フランコ・モルビデリ Yamaha 1'38.100 1.228 30
16  アレイシ・エスパルガロ Aprilia 1'38.149 1.277 55
17  ヨハン・ザルコ Ducati 1'38.160 1.288 65
18  ホルヘ・マルティン Ducati 1'38.435 1.563 34
19  ファビオ・ディ・ギャナントニオ Ducati 1'38.528 1.656 45
20  ラウル・フェルナンデス KTM 1'38.691 1.819 55
21  ロレンソ・サヴァドーリ Aprilia 1'38.724 1.852 60
22  レミー・ガードナー KTM 1'38.728 1.856 64
23  シルヴァン・ギュントーリ Suzuki 1'39.040 2.168 56
24  ダニ・ペドロサ KTM 1'39.185 2.313 58
25  マルコ・ベッツェッキ Ducati 1'39.312 2.440 62
26  ダリン・ビンダー Yamaha 1'39.941 3.069 55

 

シェア
コメント
クアルタラロ、2023年以降のヤマハ残留は”来季マシンの出来”次第。要望のモアパワー達成なるか?
前の記事

クアルタラロ、2023年以降のヤマハ残留は”来季マシンの出来”次第。要望のモアパワー達成なるか?

次の記事

バニャイヤ「21年型ドゥカティ機はすでにパーフェクト」も更なる改善目指す

バニャイヤ「21年型ドゥカティ機はすでにパーフェクト」も更なる改善目指す
コメントを読み込む