バニャイヤ、ポールから完璧2連勝も「2020年のクラッシュの再現にならないか怖かった」

MotoGPサンマリノGPで今季2勝目を記録したフランチェスコ・バニャイヤ。彼はレース中、2020年シーズンのエミリア・ロマーニャGP終盤に発生したクラッシュを繰り返してしまわないか、“恐怖”を感じていたという。

バニャイヤ、ポールから完璧2連勝も「2020年のクラッシュの再現にならないか怖かった」

 ミサノ・サーキットで開催されたMotoGP第14戦サンマリノGP。決勝レースではポールポジションスタートのフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)がハナを譲ること無く走りきり、第13戦アラゴンGPから2連続ポール・トゥ・ウィンを果たした。

 アラゴンGPではマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)の、今回のサンマリノGPではファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)の追撃を退けての2連勝となったが、彼はレース中に、2020年シーズンにミサノで喫した転倒が再び起こる可能性に恐怖していたという。

 バニャイヤは2020年シーズンのエミリア・ロマーニャGPで、レース序盤に先頭に立ち、後続を引き離す走りを見せていたものの、残り7周という終盤に差し掛かったタイミングでターン6で転倒。リタイアに終わった。

 レースを終えたバニャイヤは、そうした転倒を繰り返すことを恐れていたと認め、さらにレース残り7周のターン1で転倒しそうになっていたと語った。

「ラスト6周のタイミングで、昨年と同じような失敗をしてしまうのではないかと、怖がっていたんだ。『ターン6でクラッシュするわけにはいかないぞ』と考えていたよ」

 バニャイヤはそう語る。

「ただ残り7周となったとき、ターン1でクラッシュしそうになっていた。あそこのバンプのせいで、もう少しでフロントを切れ込ませてしまうところだった」

「だからクラッシュについては少し怖かった。でもだからといって厳しいことになったわけじゃない」

 バニャイヤはアラゴンGPとサンマリノGPで、近年の有力ライダー2名を退けたことになったが、どちらのレースが難しかったのか? その点を彼に尋ねてみると、バニャイヤは次のように答えた。

「僕としては、こっち(サンマリノ)だ。こっちはコースがより短くて周回数があって、肉体的にはより難しい。リラックスする時間が無いんだ」

「アラゴンではストレートの時間が長くて、一息入れられるんだ」

「それから、1周ごとにギャップが減っていくのを見ていて、集中し続けるのがかなり難しかった」

「レース前半にこうしてプッシュしていると、後半ではグリップが落ちてしまう。だからこの点では少し厳しかったね」

 

Read Also:

シェア
コメント
クアルタラロ、サンマリノGP2位に終わるも”限界ギリギリ”のバトルに満足「ライディングを楽しめた」

前の記事

クアルタラロ、サンマリノGP2位に終わるも”限界ギリギリ”のバトルに満足「ライディングを楽しめた」

次の記事

3位バスティアニーニ「”MotoGPボス“のマルケスを抜いて表彰台、素晴らしい」

3位バスティアニーニ「”MotoGPボス“のマルケスを抜いて表彰台、素晴らしい」
コメントを読み込む