初日3番手バニャイヤ「昨年とは完全に別世界」雨でも晴れでもフィーリングに自信アリ

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは、MotoGP第18戦バレンシアGP初日を3番手で終えたが、苦しんだ昨年とは”別世界”にいると、その改善ぶりに驚いている様子を見せた。

初日3番手バニャイヤ「昨年とは完全に別世界」雨でも晴れでもフィーリングに自信アリ

 MotoGP第18戦バレンシアGPの初日フリー走行で、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは総合3番手タイムを記録。彼は苦戦していた昨シーズンのバレンシアGPからの一変ぶりに驚かされているようだ。

 バニャイヤは昨年のバレンシアGPでは、予選17番手と後方からのスタートを強いられていた。決勝では追い上げは見せたものの、11位でのフィニッシュと好結果とは言えないものだった。

 すでにランク2位が確定しているバニャイヤだが、今シーズンのバレンシアGPでは昨年から一転した好調ぶりを示している。雨となったFP1では6番手、ドライコンディションのFP2では3番手タイムを記録した。

 彼自身「これまでで最高のバレンシアでの金曜日」と初日を振り返っているが、まるで昨年とは別世界だとも彼は語った。

Francesco Bagnaia, Ducati Team

Francesco Bagnaia, Ducati Team

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

「ああ、満足しているよ。今日はこれまででもベストなバレンシア初日だと思うからね」

「だから今日はかなり楽しかった。今朝のウエットコンディションでもフィーリングは素晴らしかったし、午後も最初から凄くいい感覚だった。それこそここ数戦のようにね」

「いろいろな事をトライしてきたけど、もう明日から取り組む方向は分かっている。いい気分だし、かなり満足している」

「フィーリングも、グリップも良い形で始められた。昨年と比較すると完全に別世界だ」

「でもこうしてフィーリングが良くなって、強くなるのも初めてのコトじゃない。仕事がより上手くできるようになったからかもしれないし、いろんなコトが良くなってきているからかもしれない。それで最初から強くなっているように感じられるんだ」

 バレンシアGP初日ではチームメイトのジャック・ミラーも好調な走りを示している。ミラーはバニャイヤよりも0.012秒速いタイムで初日の総合トップタイムを記録。ただFP1で喫した転倒は恥ずかしいものだったとも語っている。

「僕はちょっと熱くなってしまっていたんだ」と、ミラーはターン1のランオフエリアで起きた転倒について語った。

「いい気分だったことで、少し熱中してしまっていた。で、『FP1だ。ちょっとワイドになったけど、大丈夫だろう』と思っていたんだ」

「ターン1で無理をして転倒したいわけじゃなかった。でもまるで氷の上を走っているようだった。バイクを傾けすぎていたわけでもないし、そんなに酷い操作をしたとは思っていない」

「塗装のせいなのか、それとも水たまりといったモノのせいなのかは分からない。(ランオフの)オレンジと白の塗装部分は、結構(路面が)見えにくいんだ」

「でも間違いなく不意を突かれてしまった」

 
Read Also:

シェア
コメント
クアルタラロ、昨年苦戦のバレンシアで再びドツボに? 「マシンがアグレッシブすぎる……」
前の記事

クアルタラロ、昨年苦戦のバレンシアで再びドツボに? 「マシンがアグレッシブすぎる……」

次の記事

中上貴晶、バレンシアGPは好調スタート「予選では1列目や2列目獲得が目標」

中上貴晶、バレンシアGPは好調スタート「予選では1列目や2列目獲得が目標」
コメントを読み込む