MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
9 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
15 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
16 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
23 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
37 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
44 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

ザルコ、ドゥカティファクトリー昇格決定か。アビンティアがバスティアニーニ起用認める

シェア
コメント
ザルコ、ドゥカティファクトリー昇格決定か。アビンティアがバスティアニーニ起用認める
執筆:

アビンティア・ドゥカティはヨハン・ザルコが今季限りでチームを離れ、後任として現在Moto2に参戦中のエネア・バスティアニーニを起用する予定だと認めた。

 MotoGPに参戦するアビンティア・ドゥカティは2021年シーズンのライダーとして、現在Moto2クラスに参戦しているエネア・バスティアニーニを起用することを認めた。

 2021年のMotoGPクラスのシートは既にその大半が決定済み。8月中旬に今季限りでアンドレア・ドヴィツィオーゾがドゥカティを離れることが決まったことで、ドゥカティが唯一ファクトリーチームの布陣を確定させていない陣営となっていた。

Read Also:

 このシートについては、ドゥカティのサテライトチームであるプラマックのフランチェスコ・バニャイヤ、もしくはアビンティアのヨハン・ザルコのどちらかが起用されるだろうと見られてきた。

 両者は既にドゥカティとの契約を延長済みであり、後はどちらがファクトリーチームへ入るのか、その発表が待たれている状態となっていた。

 そしてサンマリノGP初日、アビンティアのルーベン・チャウス代表はザルコが“99%”の確率で今季限りでチームを去ることを認め、その後任がバスティアニーニになると認めた。

「チームの状況を向上させようとしていたのは明らかだ」と、チャウス代表は言う。

 アビンティアは今季からドゥカティのサテライトチームとなり、技術サポートなど体制が拡充されている。

「物事は非常に早く起こっている。こういったことは2年後になると思っていたが、突然正しく動くようになり、1年でステップアップしたんだ」

「来年、ヨハンが我々と共に進まないことは明らかだ。それは彼にとって非常に喜ばしいことだ。彼はドゥカティでファクトリーマシンに乗るに値する」

「我々が若い世代のライダーが力を示す場所を保持しているのは明らかだ。本当に順調に進めているし、若いイタリア人(バスティアニーニ)が入ってくると確信しているよ」

「99%の確率で、バスティアニーニが来年我々のチームに参加すると確信している」

 またバスティアニーニもドゥカティとの契約にサインしたことを認めた。ただ彼はまだどのチームに入るかは分かっていないとも述べた。

「ああ、ドゥカティと契約したよ」と、バスティアニーニは言う。

「今のところ、どのチームかは分からない。だけど来週かどうかはわからないけど、それを確認できるようになると思うよ」

「僕にとって、来年ドゥカティで走ることは本当に重要なことだ。僕にとって家族のようなものだし、(同郷の)イタリアのバイクだからね。MotoGPで速さを発揮することは可能だと思う。どうなるか見てみよう」

 なお、現在アビンティアはティト・ラバトと2021年までの契約を結んでいるが、そのシートはMoto2のルカ・マリーニに取って代わられる可能性が高いと見られている。

 

Read Also:

“30歳みたいな”ロッシ「いい初日だった」地元ミサノで総合6番手の好調スタート

前の記事

“30歳みたいな”ロッシ「いい初日だった」地元ミサノで総合6番手の好調スタート

次の記事

再舗装されたミサノ・サーキット、路面の凹凸にMotoGPライダーから不満の声

再舗装されたミサノ・サーキット、路面の凹凸にMotoGPライダーから不満の声
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー エネア バスティアニーニ
チーム Avintia Racing
執筆者 Lewis Duncan