MotoGPの荒れた展開は”スプリントのせい”じゃない? WSBKのバウティスタ「ライダー側の問題」

スプリントレースが始まったMotoGPではレース中のアグレッシブさに対する懸念が生じているが、同じようなシステムがずっと早くに導入されているWSBKに参戦するアルバロ・バウティスタは、レースフォーマットのせいではないと語っている。

Franco Morbidelli, Yamaha Factory Racing, race start

 MotoGPは2023年からスプリントレースを導入。レース中のアグレッシブさの水準についてライダーからは懸念するコメントなども出ているが、同システムの”先輩”とも言えるスーパーバイク世界選手権(WSBK)に参戦しているアルバロ・バウティスタはレースフォーマットのせいではないと語る。

 昨年夏、MotoGP最高峰クラスの全戦で導入が決まったスプリントレース。決勝レースの半分の距離で、土曜日午後に行なわれるスタイルの新方式のレースとなっている。

 すでに2回のスプリントレースが実施されているが、開幕戦後には一部ライダーからそのアグレッシブさに関して警鐘が鳴らされた。ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)はスプリントレースの1周目は『ジャングル』だったと表現しており、「すぐに事故が起こるだろう」と語っていた。

 一方でジャック・ミラー(KTM)は新フォーマットを歓迎しており、新しいレースウィークエンドに「熱中」していると語っていた。

 そして中立的な立場をとっているのがアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)だ。彼はスプリントレース中のアグレッシブさを管理する責任はライダー側にあると考えており、次のように語っている。

「アグレッシブさのレベルをコントロールすることは、特に序盤数周に関して言うと、僕ら(ライダー)の間で話し合う必要のあることだと思う」

 こうしたエスパルガロの見解に賛同するのがバウティスタだ。彼が現在参戦中のWSBKでは2019年から10周で争われるスーパーポールレース(SPR)が導入されている。SPRには日曜日に行なわれるレース2の上位9台のグリッドを決定するという予選の要素も含まれており、決勝レースのグリッドに影響を与えないMotoGPのスプリントと同じモノではないが、スプリントを導入したバイクレースという点ではMotoGPの先輩にあたる。

「スプリントが危険だとは思わない。これはスプリントをライダー達が互いにどう扱うかの問題だ。リスクと危険性は、レースやフォーマットではなくてライダー側に依存しているんだ」

 バウティスタはmotorsport.comにそう語った。

「僕は以前のものよりも新しいフォーマットが好きだ。一番はレースだ。プラクティスじゃない」

「個人的にはこの変化はポジティブだと思う。一般的により興味を集められるからね。さらに、ライダーにとってはリカバリーが難しくなることで、より集中してミスを少なくする必要があるからチャレンジングなモノになってくる」

「彼ら(MotoGPライダー)にとって、それらは新しいコトだろうし、スプリントと聞いてまず思い浮かぶのは、最初の瞬間からチャージすることだろう。でもみんなスプリントがどのように機能し、どのようにマネジメントすべきかがわかれば、アグレッシブさは減っていく。実際、僕らはスプリントよりも長いレースでよりアグレッシブになっている」

 そう語るバウティスタ。彼はMotoGPライダー達もそのうち新しいレースウィークのリズムに慣れるだろうと楽観視している。

「彼らは従来のレースに慣れているんだ。でもこれは予選がQ1とQ2に分かれたときのようなものだ」

「以前はその点についても数多くの話題があったけど、今では誰もこのフォーマットについて疑問は呈していない。こういった変化はショーにとっては有効だと思う」

「もし10番手からスタートしたり、ターン1で中盤にいるなら、あまりとれる選択肢は多くない。アグレッシブさよりも、グリッドポジションがいちばん重要なんだ」

 
関連ニュース:

前の記事 ヤマハ、5月ヘレステストでアップデート投入へ。クアルタラロ、改善を期待しつつも「人生を変えるほどじゃない」
次の記事 【動画】2023Moto3アルゼンチンGP 決勝レース ハイライト

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本