KTMビンダー「ルーキーイヤーの延長みたいだった」MotoGP2年目は勝利上げるも”期待”下回る1年

KTMのブラッド・ビンダーはMotoGP2021年シーズンを振り返ると、コロナ禍で短縮された昨シーズンから地続きのような1年だったと感じられたと話した。

KTMビンダー「ルーキーイヤーの延長みたいだった」MotoGP2年目は勝利上げるも”期待”下回る1年
Listen to this article

 2020年にロードレース世界選手権MotoGPクラスへKTMからデビューしたブラッド・ビンダー。彼はMotoGP2年目となった2021年を振り返り、実質的にはルーキーイヤーの延長のような感覚だったと語った。

 ビンダーは2020年にMotoGPクラスへデビュー。3レース目のチェコGPで初優勝を達成し、KTMにとっての最高峰クラス初優勝をもたらした。

 翌2021年シーズンに、ビンダーは再び印象的な勝利を記録した。フラッグ・トゥ・フラッグによるマシン乗り換えが許可されたオーストリアGPで、彼はスリックタイヤのままステイアウトすることを選択。転倒のリスクを冒しつつも見事に先頭でチェッカーフラッグを受け、一貫性に苦戦していたKTM勢にとってシーズンハイライトとなる結果を持ち帰った。

Read Also:

 予選トップ10以内に入った回数は5回となっているが、最終的な結果ではトップ10フィニッシュを11回記録。2年目をランキング6位で終えた。

「今シーズンは凄く大きな挑戦だったよ」と、ビンダーは2021年を振り返って語る。

「今年は浮き沈みもあったけど、全体的に見ると思っていたよりも厳しいシーズンだった」

「昨シーズンの終わり方もあって、僕らとしては今年はもっと準備を進めて、もっと準備のできている状態で迎えられると期待していた」

「でも実際は、必要としていたモノよりも、少し遅かったんだ」

「この現実は今シーズンをかなり難しいモノにした。僕自身としては、皆できる限りのことをしてベストな仕事をしてきたとは思うし、改善に向けた準備もできていると思う」

 この2021年シーズンは、ルーキーイヤーの”延長”のように感じているのか? そう聞くと彼は「新しいサーキットがあるという意味だけではなく、そう思う」と答えた。

「考えてみると、僕は昨年MotoGPバイクを走らせたのは6ヵ月だけだ。それは全然充分なモノじゃない」

「今シーズン開幕の頃、望んだようには乗れていなかった。それにまだ多くのミスを犯していた。後半戦はそれでもまだ厳しくはあったけど、自分のライディングというのがより良く感じられるようになった。僕はいつもできる限りの力を注いでいる」

「だから僕達の改善には満足している」

「(開幕戦の)カタールに行く前、僕らは大きな期待を抱いていた。そして期待は裏切られてしまったけど、なぜそうなったのかを理解するのはかなり大変だった」

「でも僕らは後半戦にかけていい仕事ができたと思う。どこを改善すべきなのかを見つけ、弱点と強みを見つけることができた」

 
Read Also:

シェア
コメント
アプリリア、2022年にトップ集団入りは厳しい? 「先の道のりは長い」とチームCEO
前の記事

アプリリア、2022年にトップ集団入りは厳しい? 「先の道のりは長い」とチームCEO

次の記事

VR46の新タイトルスポンサー”Mooney”、バレンティーノ・ロッシの4輪レースもサポートへ

VR46の新タイトルスポンサー”Mooney”、バレンティーノ・ロッシの4輪レースもサポートへ
コメントを読み込む