MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
4 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
18 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
24 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
25 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
32 days
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
46 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
53 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

ビンダー、初日16番手は「完全に方向を見失っていた」一方で焦りはないと語る

シェア
コメント
ビンダー、初日16番手は「完全に方向を見失っていた」一方で焦りはないと語る
執筆:

チェコGPで初優勝を果たしたブラッド・ビンダーは、続くオーストリアGP初日は16番手と下位に沈んだ。彼曰く、MotoGPマシンでのレッドブルリンクの走行は非常に難しかったという。

 MotoGP第4戦チェコGPではKTMのブラッド・ビンダーが南アフリカ人ライダーとして初めて、KTMとしても初の優勝を収め、大きな注目を集めた。

 しかしそのKTMの母国戦であるオーストリアGP初日では、チームメイトのポル・エスパルガロがトップタイムを記録する一方で、ビンダーは16番手と苦戦してしまった。

 優勝できるだけの力があることを知っていると、レースウィークの始まりがスロースタートでも楽なのだろうか? そう尋ねるとビンダーは次のように答えた。

「そうかもしれないし、ある意味ではそうでもないかもしれない。一度勝利すると、もっと勝ちたくなるんだ」

「でも僕が焦ってはいないというのは素晴らしいことだ。今日は難しい状況になるだろうと分かっていたんだ。FP2のセッションがあった(FP2がドライコンディションだった)なら、話はまた違っていただろうけどね。午前中は良いラップが本当に刻めなかったんだ」

「僕は0.8秒遅れだったけど、あるセクターで0.5秒を失っていた。2番手の(アンドレア)ドヴィツィオーゾに対してはそこで0.7秒も失っていたんだ」

「だからそこを修正できれば、僕も集団に混ざっていける。だから今日は満足しているし、落ち着いているんだ」

「というのもブレーキを深くかけなくちゃいけないんだ。Moto2マシンでやっていたようなコーナー脱出の準備ができていない。予想とは正反対だったよ」

 ビンダーは昨年、レッドブルリンクで行なわれたMoto2クラスのレースを優勝している。しかし彼はMotoGPマシンでの走行がずっと複雑であり、FP1の早い段階で”迷子”になってしまったという。

「このトラックは見た目よりもずっと複雑なんだ」と、ビンダーは言う。

「コースを見てみれば、そんなに沢山のコーナーが無いことが分かるだろう。だけどここで速く走るのは大変なチャレンジなんだ。それがMotoGPマシンとなれば特にね」

「ブレーキングゾーンはすごく長いし、ウイリーを抑えようとするともの凄く忙しい。やらなくちゃいけないことがすごく多いんだ。残念なことに、今日僕らはFP2で走る時間をたくさん失った。でもFP1の最後のほうでは、やるべきことが分かり始めていた」

「だから最初の方は完全に迷子になってしまっていたけど、良いステップを踏み出したと思う」

 

Read Also:

ドゥカティ、ドヴィツィオーゾの将来はオーストリア連戦後に決定。ロレンソ起用も匂わせ?

前の記事

ドゥカティ、ドヴィツィオーゾの将来はオーストリア連戦後に決定。ロレンソ起用も匂わせ?

次の記事

MotoGPオーストリアFP3:終盤のアタック合戦をビニャーレスが制す。中上Q2進出

MotoGPオーストリアFP3:終盤のアタック合戦をビニャーレスが制す。中上Q2進出
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント オーストリアGP
ドライバー ブラッド ビンダー
チーム KTM
執筆者 Lewis Duncan