欠場続くマルク・マルケス、2020年の復帰は無い? 代役ブラドルが示唆

マルク・マルケスの代役としてMotoGPに参戦しているステファン・ブラドルは、今季最終戦のポルトガルGPまで参戦する見込みだと明かした。よって、マルク・マルケスが今季中にレース復帰する可能性が低まっていることが分かった。

欠場続くマルク・マルケス、2020年の復帰は無い? 代役ブラドルが示唆

 7月に行なわれたMotoGP第2戦スペインGPでレプソル・ホンダのマルク・マルケスは激しくクラッシュし、右腕骨折を負ってしまった。

 彼は第3戦アンダルシアGPでの復帰を試みたものの、それは叶わず。その後マルケスはさらに悪いことに、手術で埋め込んでいたチタン製プレートを破損してしまい、2度目の手術が必要となった。

 以降マルケスは欠場が続いており、ホンダは彼の復帰が少なくとも10月末まではないと認めるに至った。

 アラゴンでレースで復帰を果たすのではないかという話もあったマルケスだが、結局それは現実とならないまま、第12戦テルエルGPを迎えている。

 そしてマルケスの代役としてレース出場を続けているステファン・ブラドルによると、マルケスは今季のレースで復帰することは無いようだ。

「それは事実だ」

 2020年シーズンの残る4レースを戦うのか、という問いにブラドルはそう答えた。

「だから僕がシーズンを終えるつもりだ」

「それに昨日気がついたんだ。公式に言えるのかはわからないけど、それは事実だ」

「マルクは全てが問題ないように治療することに集中しなくちゃいけない。何かを試すリスクを冒す価値があるとは思わないよ。彼は回復しなくちゃいけないんだ」

「その間にも、僕には多くの仕事が残っている」

「バレンシア連戦の後は、ヘレスでテストを行って、それから最終戦のポルティマオに向かう予定だ」

 なおホンダはこの件についてコメントしていない。

 またマルケスには3度目の手術が必要となったという噂もあったが、ホンダはこれを否定。回復は予定通りに進んでいると主張している。

 

Read Also:

シェア
コメント
タイトル争い脱落を示唆……予選17番手ドヴィツィオーゾ「速さが無く難しい状況」

前の記事

タイトル争い脱落を示唆……予選17番手ドヴィツィオーゾ「速さが無く難しい状況」

次の記事

マルケス弟「表彰台は“ラッキー”がないと……」現実的な目標はトップ5?

マルケス弟「表彰台は“ラッキー”がないと……」現実的な目標はトップ5?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー マルク マルケス , Stefan Bradl
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Lewis Duncan