ホンダ、アルガルヴェGPでステファン・ブラドルを起用。欠場マルク・マルケスの代役

ホンダはMotoGP第17戦アルガルヴェGPを欠場するマルク・マルケスの代役として、テストライダーのステファン・ブラドルを起用することを明かした。

ホンダ、アルガルヴェGPでステファン・ブラドルを起用。欠場マルク・マルケスの代役

 ホンダは11月2日に、マルク・マルケスが第17戦アルガルヴェGPを欠場すると発表。翌3日になって、テストライダーのステファン・ブラドルがマルケスの代役として参戦すると明かされた。

 マルケスが欠場する原因は、先月30日にオフロードトレーニング中に転倒したことだ。彼は軽い脳震盪を起こし、数日の休養では治まらなかった、医師の診察の結果、予防的措置としてアルガルヴェGPの欠場が決まったとされている。

 ブラドルは今季、開幕戦カタールGPと第2戦ドーハGPで昨年の怪我が原因で欠場が続いていたマルケスの代役を務めており、アルガルヴェGPで今シーズン3回目の代役出走ということになる。ブラドルはこの他にも、ワイルドカード枠でスペインGPとサンマリノGPに参加している。

 なおマルケスは11月12日から予定されている最終戦バレンシアGPに向けて、参戦できるかどうかを確認するために再度医師による診察を受けることになる。

 ホンダとしての最大の関心事は、最終戦後にヘレス・サーキットで行なわれる予定のポストシーズンテストに、マルケスが参加できるかどうかだろう。このテストは2022年シーズンに向け、マシンの最終的な方向性を確認する貴重な機会なのだ。

 
Read Also:

シェア
コメント
マルケス、アルガルヴェGPを欠場へ。トレーニング中転倒による軽い脳震盪に対する予防措置
前の記事

マルケス、アルガルヴェGPを欠場へ。トレーニング中転倒による軽い脳震盪に対する予防措置

次の記事

MotoGP新王者クアルタラロにも“ヒヨコ”の時期「初テスト時にはまるで乗れていなかった」

MotoGP新王者クアルタラロにも“ヒヨコ”の時期「初テスト時にはまるで乗れていなかった」
コメントを読み込む