MotoGPコラム:数年に一度ある悪天候。イギリスGP中止決定で想うこと

シェア
コメント
MotoGPコラム:数年に一度ある悪天候。イギリスGP中止決定で想うこと
執筆: 西村 章
2018/08/28 9:36

悪天候により全3クラスの決勝レースが中止されたMotoGPイギリスGP。とはいえ、このような事態は数年に一度は発生するものだ。

 第12戦イギリスGPは、雨による路面状況悪化のために決勝レースが3クラスとも中止されることになった。当初、現地時間11時半に予定されていたMotoGPクラスの決勝レース開始が順延され、以後はコース状況のチェックや関係者間での協議を挟みながら時間が経過して、16時に最終的な判断が下された。

 最高峰クラスの決勝走行が取りやめになったのは、大量の降雪で中止になったザルツブルグリンクでの1980年オーストリアGP以来だという。ただし、今回のレース中止は悪天候が直接の原因ではなく、天候変化に充分な対応ができない路面設備の問題であったことは、しっかりと切り分けて考えておく必要がある。

 近年のレース中止では、2008年のインディアナポリスGPの際に、いわば台風のような暴風雨に直撃されてMotoGPクラスの決勝レースが赤旗中断になったことがあった。全予定周回の2/3を消化していたために、その段階でレースが成立し、次に予定されていた250ccクラスの決勝は風雨の強さから開催不能と判断され、取りやめになった。この時はレース再開にむけて協議を行う必要はなく、即座にレース中止が判断されたので、決勝レースの取りやめといっても今回とは事情が大きく異なる。

 コンディションを睨みながらレース実施の議論が重ねられ、皆が関係者の最終判断をじりじりと待ち続けた、という意味では、2009年開幕戦のカタールGPが今回と状況が類似しているかもしれない。

 あの時は125ccクラスの決勝開始直後に雨が降って、4周でレースが中断になった。ルール上、レースが成立し、入賞者には通常の半分のポイントが付与された。したがって、あの年の125ccクラスポイントランキングは、223.5点や125.5点といった端数が記録されている。その後、250ccクラスのレースは通常どおり行われたが、MotoGPクラスの決勝直前にふたたび豪雨となり、スタート進行が中断。関係者の協議を経て、翌日に決勝レースが繰り延べになった。

 開催か翌日に順延かという決定をじりじりと待っている間、カタールにさらに1日長く滞在することになった場合の保険として、ホテルの延泊やレンタカー返却延長などの手配を進め、さらにオンラインで片道分の航空券を探していて運良く安価なチケットを見つけた直後にレースの延期が決定した、という経緯だったため、この時のことは強く印象に残っている。

 今回のイギリスGPも、決勝開催可否の最終決定を待ちながら、チームのピットボックスやオフィスを訪問して最新情報を探ったり、あるいはどのような事態にもある程度柔軟に対応できるように予定稿を作って原稿準備を進めたり、とそれなりに慌ただしくしているうちに時間が経過していった。

 各国のテレビ中継スタッフも、手持ち無沙汰にしている風の選手にインタビューをしたり、運営関係者と一問一答を交わして最新情報を伝えるなどして、放送時間をつないでいた。このようなときに情報が速いのは、やはり動画メディアだということを痛感する。特にMotoGP公式サイトのライブ中継は、ピットレポーターの機動力にも富み、コメンタリーブースに集まってくる情報等も公式サイトだけに的確で迅速だ。英語を理解できる方は、機会があれば今後のレースウィークに一度、彼らの中継を聞いてみることをお勧めしたい。この中継内で語られる情報の速さや密度の濃さに、きっと驚くことだろう。

 閑話休題。

 2週間後は第13戦サンマリノGPだが、そういえばミザノサーキットでも予想外の大雨に見舞われてピットが水浸しになったことがあった。いわゆるゲリラ豪雨のような状況で、コースの一部が水没して排水ポンプ車が投入され、その日の午後の走行はすべてキャンセルされた。調べてみると、2007年8月31日。金曜のたしか正午近くの出来事である。そのときに皆が話題にしていたのが「こんなに激しい雨が短時間に降ってピットが水浸しになるなんて、1996年のA-1リンク(現レッドブルリンク)以来じゃないか」ということだった。

 要するに、椿事とはいえ突発的な悪天候は数年に一度程度は発生することで、けっして皆無ではない、ということなのだろう。

次の MotoGP ニュース
イギリスGP中止は、新路面の排水性が直接の原因。MotoGP側が説明

前の記事

イギリスGP中止は、新路面の排水性が直接の原因。MotoGP側が説明

次の記事

タイ・ブリーラム、スポーツ市に選定。GTA坂東代表もMotoGP開催に太鼓判

タイ・ブリーラム、スポーツ市に選定。GTA坂東代表もMotoGP開催に太鼓判
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2 , Moto3
イベント イギリスGP
執筆者 西村 章
記事タイプ 速報ニュース