MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

スズキが2019年に”王者”ロレンソではなく、”新人”ミルをライダーとして選んだ理由

スズキMotoGPチームの前チームマネージャーであり、今季からアルピーヌF1のレーシングディレクターを務めるダビデ・ブリビオは、2019年シーズンにスズキがホルヘ・ロレンソではなくジョアン・ミルを獲得した理由を語った。

スズキが2019年に”王者”ロレンソではなく、”新人”ミルをライダーとして選んだ理由

 2020年シーズン、チームマネージャーとしてスズキにMotoGPタイトルをもたらしたものの同年限りでチームを離れ、2021年からアルピーヌF1のレーシングディレクターを務めることになったダビデ・ブリビオ。そのブリビオは、2019年のスズキが、3度の世界チャンピオンに輝いたホルヘ・ロレンソではなく、新人のジョアン・ミルをチームのライダーとして選んだ理由を明かした。

Read Also:

 ヤマハで活躍した後、ロレンソは2017年にドゥカティに移籍。しかし同年も、その翌年の序盤も、なかなか結果を残すことができず、その結果チームを放出されてしまうことになった。ただチーム離脱が決まった後、ロレンソは立て続けに好結果を残し、同シーズンに3勝を挙げた。

 そして2019年、ロレンソはスズキに加入する可能性もあった。しかし最終的にスズキは、2017年のMoto3チャンピオンであるジョアン・ミルを、2019年のライダーとして選択。ロレンソはレプソル・ホンダに加入することになった。

 当時のミルには、ホンダとの契約ついてオプションが存在していた。しかしそのオプションはサテライトチームに加入することについてだけのものであり、一方でミルはなんとかしてファクトリーチームに加入することを目指していた。それが叶う格好となったのだ。

 ブリビオは当時のことを振り返り、ロレンソと契約できる可能性があったものの、ミルを選んだ理由について次のように語った。

「(2017年に)10レースに勝ち、Moto3のチャンピオンになったことで、我々の注目を集めた。その結果、2019年のライダーとしてミルを獲得することについて考え始めたのだ」

 ミルはmotorsport.comのインタビューでそう語った。

「当時、ホルヘ・ロレンソと契約するという選択肢もあった。結局、我々はロレンソかミルか、どちらかを選ばなければいけなかったんだ」

「それはただふたりのライダーのうちどちらを選ぶかということではなく、ロレンソのようなベテランライダーを採用するか、若い才能を育成するか……我々が将来目指す哲学と方向性を選択することだったんだ」

「ジョアンのことを理解し、そして彼について学んでいくほど、彼は我々にとって特別な存在に見えていった」

「ジョアンはスズキのことを気に入っていた。しかし彼の代理人は、すでにホンダとのオプションがあるから、問題があると言っていたんだ」

「それで私は、ジョアンに直接尋ねた。『ホンダとのオプションがあるのに、スズキに興味があるのかい?』とか、『スズキとホンダのどちらかを選ばなければならないとしたら、どっちに行く?』とか、そういうことをだ」

「そして彼は、私にこう言った。『僕はスズキに行きたい』と。彼がそう言った時、私は思った。『彼は正しい選択肢だ』と」

 スズキは2015年にマーベリック・ビニャーレス、2017年にはアレックス・リンスと、若い才能と契約を結んできた。ミルと契約したことで、その流れが引き継がれることになった。

 そして2020年、ミルはスズキに、20年ぶりにMotoGP最高峰クラスのタイトルをもたらすことになった。

Read Also:

シェア
コメント
マルク・マルケスを破るライダーは現れるのか!? MotoGP最年少優勝記録トップ10

前の記事

マルク・マルケスを破るライダーは現れるのか!? MotoGP最年少優勝記録トップ10

次の記事

ドヴィツィオーゾ、一流の意地か。マルケス代役説に「“何が何でも”の復帰は望まない」

ドヴィツィオーゾ、一流の意地か。マルケス代役説に「“何が何でも”の復帰は望まない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ジョアン ミル , ホルヘ ロレンソ
チーム Team Suzuki MotoGP
執筆者 Lewis Duncan