MotoGP
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days

「乗れている感覚が無い」クラッチロー、“予選よりも”マシン改善に集中の姿勢

シェア
コメント
「乗れている感覚が無い」クラッチロー、“予選よりも”マシン改善に集中の姿勢
執筆:
協力: Valentin Khorounzhiy
2019/09/14 3:40

サンマリノGP初日を12番手で終えたカル・クラッチロー。彼はマルケスがスピードを発揮する中、自身が苦戦している理由が分からないと語った。

 LCRホンダのカル・クラッチローは、サンマリノGP初日をトップタイムから1.1秒差の12番手タイムで終えた。

 クラッチローは初日のセッションを振り返ってマシンから“全く自信を感じられない”と語っている。

 明らかに苦戦している様子のクラッチローだが、彼曰く3位表彰台を獲得したザクセンリンクのように、グリップの低いサーキットは自身にとって助けになるだろうと感じていたのだという。

「状況は自分がトップ10に近くはないため、Q1やQ2についてはあまり気にしていない」

 状況を分析し、そう語るクラッチロー。彼は約2週間前に行われたミサノ公式テストでも苦戦している様子だった。

「FP3でQ1行きかQ2行き、そのどちらになるかについて心配するだけの速さを持ち合わせていない。だから自分のマシン、フィーリングの改善に集中する必要がある。このマシンに全く乗れている感覚が無いんだ」

「何故なのかは全然分からない。普段は滑りやすく、多くのことを上手くやる必要があるトラックでは、僕は強さを発揮できるんだ。フィリップアイランドやザクセンリンク、バルセロナといったところでは僕は強い」

「ここでは何が起こっているのか、全然分からないんだ。僕はこのマシンで全く乗れている感覚が無い。だけどマルク(マルケス)を見れば、このマシンはこのトラックで速く走れるのは明らかだよ」

 これまでクラッチローは昨年型と比較して、2019年型のRC213Vのハンドリングが難しい事に批判的な発言を行ってきた。そして今回再び、旧型マシンの方が“より快適”に感じられたと認めている。

 しかし、ほぼ同仕様のマシンを駆るマルケスに0.9秒の差をつけられていることで、現在の苦戦している状況を、単にマシンのせいにすることは難しいとクラッチローは認めている。

「『マルクの真似をしろ』と言うのは簡単だ。だけどそういうことじゃないんだ」

「マルクの方針やライディングスタイルを単に真似できる状況じゃない」

「どうであろうと、自分は自分のやりたいことをやる。ただ今のところは何も僕を速くするようには機能していない」

「正直に言って、ラップタイムの平均で0.4秒は遅れているけど、そのタイムを取り戻すのは難しい。それに他のみんなも改善していくだろうからね」

「『ひとつのセクターで0.1秒ずつじゃないか』と、そう言うのは簡単だろう。だが僕はターン1の進入とブレーキングで0.1秒遅らせる事はできない。そういう風には機能しないんだ」

「それができればよかったと思うけど、今年のマシンではそう感じることができない。第3セクターでは0.5秒を失っている」

「ターン8からターン9の先……高速セクターでかなりのタイムを取りこぼしている。ターン10、11ではマシンが曲がらないせいでタイムを失っているんだ。その一方で、マルクは2番目に速いんだ」

「だからマシンのせいで0.5秒を失っていると言うのは難しい。マルクはそれをやれているんだからね」

Read Also:

次の記事
新パーツ導入が好影響か。ロッシ「ミサノとマシンが合っている」

前の記事

新パーツ導入が好影響か。ロッシ「ミサノとマシンが合っている」

次の記事

「イギリスよりもプッシュできる」ロレンソ、痛みを耐えつつサンマリノに挑む

「イギリスよりもプッシュできる」ロレンソ、痛みを耐えつつサンマリノに挑む
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第13戦サンマリノGP
ドライバー カル クラッチロー 発売中
チーム Team LCR
執筆者 Lewis Duncan