MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

マルケス転倒の原因は“汚れ”じゃない? クラッチロー「グリップが無いのが問題」

シェア
コメント
マルケス転倒の原因は“汚れ”じゃない? クラッチロー「グリップが無いのが問題」
執筆:
協力: Valentin Khorounzhiy
2019/10/05 5:15

カル・クラッチローは、タイGPのFP1でマルク・マルケスがクラッシュした原因について、ホンダのアウトラップのパフォーマンスにも要因があると話した。

 MotoGP第15戦タイGPのフリー走行1回目、レプソル・ホンダのマルク・マルケスはターン7でハイサイドを喫し、マシンから大きく投げ出される形でクラッシュした。幸いにも負傷はなかったため、マルケスはFP2から走行に復帰したが、タイトル獲得の可能性がある今戦のクラッシュには大きく注目が集まった。

Read Also:

 ホンダのチームマネージャーであるアルベルト・プーチは、マルケスの転倒原因について走行ラインを外れたことで新品タイヤが汚れたためではないかと考えている。後にマルケスもそうした“タイヤの汚れ”とスロットルを完全に閉じていたことの組み合わせが原因かもしれないと認めていた。

 しかしLCRホンダのカル・クラッチローは、彼らとは違う持論を展開。ホンダのマシンは他メーカーと比べてアウトラップでのグリップが無い事こそが原因だと主張した。

「タイヤが汚れたせいじゃない」と、マルケスのクラッシュについて訊かれたクラッチローは語った。

「彼はターン3で十分にバイクをバンクさせていなかったと思う。でもホンダにはとってはかなり典型的なことだ。僕らはアウトラップで他と比較してグリップが無いんだ」

「アウトラップで他のメーカーの後ろをついて行くのは、とても難しい。なぜなら他のメーカーと同じようにタイヤを準備できないからだよ」

「彼はスロットルを閉じた状態でハイサイドを起こした。ひとえにタイヤへ荷重をかけられていないからだ」

「2回目の出走で(フランコ)モルビデリの後ろについていったんだけど、率直に言って恥ずかしいモノだった。彼と同じスピードでコーナーを曲がろうとしていたけど、ウエットコンディションのトラックを走っているようだったよ。ホンダはタイヤの準備に(他メーカーに比べて)余分な周回が必要なんだ」

 そう語ったクラッチロー。彼はタイGP初日、右腕の腱の炎症と戦っていたという。ホンダのバイク『RC213V』のアグレッシブな特徴と、多忙なスケジュールによって炎症が発生したと考えているようだ。しかし同時に、初日13番手と苦しんでいることはそれと直接関係はないと話した。

「慢性的な右腕の腱炎を抱えているんだけど、アラゴンから既に(炎症を)感じていた。何年か前……2015年か16年くらいから付き合っているんだ」

「なんとかバイクに乗ることはできるし、休息をとって炎症を鎮める事はできる。ただ今回から4連戦なんだけどね」

「アラゴンの後、(炎症部分を)休ませようとした。上腕の炎症だったけど、今では肩にまでそれが来ている。僕はテニス肘も抱えているんだけど、それはバイクに乗っている時に(炎症の影響を)補おうとしているからだ」

「シルバーストン、ミサノテスト、そしてミサノ戦。全部の日程が接近していて、バイクが乗りやすくないと、簡単にこうなってしまう」

「正直なところ、夜は眠れない。それが影響してしまっている。水の入ったボトルを持ち上げられないんだ」

Read Also:

次の記事
「体中が痛い」マルケス、クラッシュで“息ができなかった”と明かす

前の記事

「体中が痛い」マルケス、クラッシュで“息ができなかった”と明かす

次の記事

MotoGPタイFP3:ウエット混じりの難コンディションでドヴィツィオーゾ首位

MotoGPタイFP3:ウエット混じりの難コンディションでドヴィツィオーゾ首位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第15戦タイGP
ドライバー カル クラッチロー 発売中 , マルク マルケス 発売中
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Lewis Duncan