「フィニッシュできたことに満足」現役最後のレース終えたクラッチロー、“無事”を喜ぶ

シェア
コメント
「フィニッシュできたことに満足」現役最後のレース終えたクラッチロー、“無事”を喜ぶ
執筆:

カル・クラッチローは現役最後のレースとなるポルトガルGPではチェッカーフラッグを受けることが重要だったと語った。ただ1位という結果にはガッカリしているようだ。

 LCRホンダのカル・クラッチローにとって、11月22日に行なわれた2020年のMotoGP最終戦ポルトガルGPが、現役最後のレースとなった。彼は来年、ヤマハのテストライダーに就任する。

 クラッチローは予選で好調な走りを見せ、4番手を獲得。決勝日朝のウォームアップでもトップタイムをマークするなど、最終レースに向けてポジティブな材料が多かった。

 レースが始まるとクラッチローはポル・エスパルガロ(KTM)とポジションを争いつつ、5番手を確保していた。しかしレース終盤、クラッチローはコースオフなどいくつかのミスによってポジションを大きくダウン。それを挽回できないままチェッカーとなり、彼は現役最後のレースを13位で終えた。

「引退するのは、感傷的なものだ」

 レースを終えたクラッチローは、そう語る。

「僕はレースに自分の全てをかけてきたし、常に自分にはそれだけを求めていた」

「まずレースについては、この結果にガッカリしてる。なぜって僕は良いポジションにつけていたし、その位置をキープできると感じていたからだ」

「だけどリヤタイヤに凄く大きなグリップの低下があった。おそらくは電子制御とレーススタート時のマッピングで、トラクションコントロールを減らし過ぎたのかもしれない。明らかに僕は苦戦していたし、何度もターン1で時速300キロでコースを飛び出てしまっていた。でも諦めはしなかったし、攻め続けた。でもまあ、仕方のないことだ」

「問題はもはやこれ以上何もできなかったということだ。僕はベストを尽くそうとしていたし、まだ頑張ろうと思っていたんだ。最後のレースをフィニッシュしたいとも思っていた。(チェッカー)フラッグを見ることが重要だったんだ」

「ポルの後ろを走っている時ターン1でコースオフしてしまって、戦いに戻ろうとしたらまた外れてしまって……それで6人か7人に追い抜かれてしまった。これは僕自身のミスだ。でもこのミスが無ければポルの後ろについていたと思うし、レース最後までタイヤをマネジメントできただろうと思うよ」

「でもそれはそれだ。僕はフィニッシュできたことに満足している。クラッシュと共に始まったキャリアだけど、もしかするとクラッシュで終える可能性もあったんだからね」

 クラッチローはレースライダーとしてのキャリアを終えることに、感傷的なモノがあったことを認めたが、キャリアを無事に終えられること、世界でも最速の男たちと戦えたキャリアを嬉しく思うと語った。

「全体として、フィニッシュできて嬉しく思っているんだ。僕はやりきった」と、クラッチロー。

「世界でも最速の男たちと戦い、レースでバトルができた。これは素晴らしいことだった」

「僕がバトルしてきた男たちは今年、レースで勝利したり、何度も表彰台を獲得したりした人たちなんだ」

 

Read Also:

”キャリア最悪”のシーズン終えたビニャーレス「今は家に帰って落ち着く時」

前の記事

”キャリア最悪”のシーズン終えたビニャーレス「今は家に帰って落ち着く時」

次の記事

ジョアン・ミル、王者として迎えた最終戦は消化不良「接触で電子機器にトラブルが出た」

ジョアン・ミル、王者として迎えた最終戦は消化不良「接触で電子機器にトラブルが出た」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント ポルトガルGP
ドライバー カル クラッチロー
執筆者 Lewis Duncan