モチベーションは最高! クラッチロー「MotoGPを辞める理由はない」

LCRホンダのカル・クラッチローは「2021年のMotoGPへ参加しない理由はない」と語り、今季限りでの引退は否定した。

モチベーションは最高! クラッチロー「MotoGPを辞める理由はない」

 LCRホンダに所属するカル・クラッチローは、現在ホンダと直接契約を結んでおり、その契約は2020年末で満期を迎える。

 クラッチローは昨年motorsport.comに対し、身体的な衰えは否定できないものの、精神的にはMotoGPキャリアを続行することが可能と感じていると話した。

 2019年シーズンでは表彰台を3回獲得するに留まったが、クラッチローは“これまで以上に”モチベーションが高く、現役続行するだろうと感じていると、新たに答えた。

「昨年、僕は2020年がレースの最後の年になるだろうと話していた。でも昨年末のモチベーションはこれまで以上に高かったんだ」

 クラッチローはMotoGP.comでそう語った。

「モチベーションは今も同じだ。だから来年のMotoGPで僕が走らない理由はどこにもない」

「今のところ、僕を含めパドックのライダーの8割はレースをしていない状況だから、メーカー、特にホンダとの話し合いを続けよう、という動きもない」

「僕は自分のチームに満足している。彼らは何年も素晴らしい仕事をしてくれているんだ。ただシーズンが再開したら、他のチームやメーカーとも話はするつもりだ。それでどうなるか見てみよう」

「それは僕がレースをするだとか、やめるだとかそういったことは意味しない。でも僕は依然としてMotoGPでやり残したことが多くあると感じている。競争力もあるし、十分に戦うことができると思っている」

「もしかしたら僕のMotoGPキャリアでも最高の年になるかもしれないね」

 

From the editor, also read:

シェア
コメント
「リンス&ミルのコンビを長く続けたい」スズキ、ライダーラインアップ維持に腐心
前の記事

「リンス&ミルのコンビを長く続けたい」スズキ、ライダーラインアップ維持に腐心

次の記事

延期続くMotoGP、プライベートチームは財政面で“赤信号”。アビンティア明かす

延期続くMotoGP、プライベートチームは財政面で“赤信号”。アビンティア明かす
コメントを読み込む