クラッチローが新型マシンに注文「フロントの感触が悪い」

シェア
コメント
クラッチローが新型マシンに注文「フロントの感触が悪い」
執筆:
2019/02/26 22:33

LCRホンダのカル・クラッチローは開幕戦カタールGPに向けて準備が完了できていないと、カタールテスト2日目終了後に語っている。

 LCRホンダのカル・クラッチローは、カタールテスト2日目をトップから0.6秒差の9番手タイムで終えた後、新型マシンのセットアップを見つけることができないと語った。

 クラッチローはこの日、2018年型と2019年型の比較を行っていた。これは、ホンダ勢のライダーがテスト初日に苦戦していたことに起因するもの。レプソル・ホンダのマルク・マルケスもライバルに対して“かなり”遅れをとっていることを認めていた。

 クラッチローはテスト2日目にパフォーマンスを改善することができたが、未だに良いベースセットアップを見つけることができておらず、開幕戦に向けた準備に集中することができていない、と語っている。

「テスト初日、僕はセパンと異なる物をテストしていた」

「大きく違う物ではないが、セッティングと取り組み方が異なるんだ」

 そうクラッチローは語る。

「初日にホンダ勢はかなり苦戦していたように思える。それで、このサーキットに向けたマシンのベースセッティングの調整をしていたんだ。ここは他と比べると特殊なサーキットだからね」

「セパンでは問題はなかった。だが、マシンのフロントエンドから良い感触を得られていなかったし、ここでは更に悪く感じられる。それはラップタイムにも現れていると思う。2019年型のマシンで苦戦しているのは確かだ」

 そして、レースに向けた準備が遅れているか、と尋ねるとクラッチローはこう答えた。

「現時点で僕たちはレースについて考えられる所まで進んでいない。必要な幾つかの部分で、かなり遅れをとっている」

「セパンはテストするのには特殊な場所だ。グリップがかなり良いこともあって、問題は少なくなる。僕らはそれを見つけることができなかった。一方で、カタールではそれらの問題がかなり分かるんだ」

 セパンテストで、クラッチローはフロントのフィーリングに苦戦していると語っていた。同エリアはマルケスが2019年型マシン開発で“重要なポイント”と認識していた部分でもある。

 続けてその件について問うと、クラッチローはホルヘ・ロレンソのRC213Vに対する経験不足によって、ホンダが相反するフィードバックを受けているのではないかと感じている、と話した。

「今の所、良いフロントのフィーリングは持てていない。それと、コロコロ方向を変えるのは僕の慣れたやり方でもない」

「問題はロレンソが2018年型のマシンを知らないことだ。彼は旧型マシンを乗っていない事もあって、恐らく単純にひとつの考えになると思う。でも、僕とマルケスは、多分(ロレンソと)別のことを考えている。それと、タカ(中上貴晶)は2018年型のマシンに乗っているから、僕らの助けにはならないんだ」

「僕たちは改善に取り組み続ける必要があるし、ホンダはできる限りの力で、競争力のあるパッケージを開幕戦へ向けて作り上げてくるだろう。だが、僕はシーズンを通じて改善に取り組む必要があると思っている」

次の記事
「開幕戦が待ちきれない!」中上貴晶、カタールテストの内容に手応えアリ

前の記事

「開幕戦が待ちきれない!」中上貴晶、カタールテストの内容に手応えアリ

次の記事

“脳の電源を切れ!” 新人クアルタラロ、MotoGPマシン攻略のカギを語る

“脳の電源を切れ!” 新人クアルタラロ、MotoGPマシン攻略のカギを語る
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント Qatar February testing
ドライバー カル クラッチロー 発売中
チーム Team LCR
執筆者 Jamie Klein
Be first to get
breaking news