MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

「良いペースだったけど……」クラッチロー、リンス転倒で“表彰台確保”に切り替え?

シェア
コメント
「良いペースだったけど……」クラッチロー、リンス転倒で“表彰台確保”に切り替え?
執筆:
2019/07/08 0:11

ドイツGPで3位を獲得したカル・クラッチローは表彰台が確実でなかったなら、前を行くマーベリック・ビニャーレスを追い抜きにかかっていただろうと語った。

 MotoGP第9戦ドイツGPでカル・クラッチロー(LCRホンダ)は、脛骨骨折の怪我を負っているにもかかわらず、3位表彰台を獲得した。

Read Also:

 クラッチローは中盤までヤマハのマーベリック・ビニャーレスと3番手を争っていたが、残り12周の段階で当時2番手だったアレックス・リンス(スズキ)が転倒したことで表彰台圏内に入り、最終的にそのままの位置でフィニッシュとなった。

 彼はリンスの転倒によって表彰台圏内を走ることになったことで、ビニャーレスを打ち負かそうとする”勢い”がどこかへいったと認めている。

「正直に言って、ビニャーレスの評価を下げているわけじゃないけど、僕には良いペースがあったと感じている」

「だけど彼をパスする必要はなかった。既に3番手、表彰台に登れるポジションにいたんだ」と、クラッチローは語る。

「リンスが転倒していなかったなら、僕はマーベリックにもっとプレッシャーをかけて、彼を抜いていただろうね。僕は表彰台が欲しかったし、表彰台のためにはリスクを取るつもりだった」

「僕らはリンスを捕えに行っていたけど、彼が転倒したことでとても楽に表彰台を確保することができた。一時は後ろに9秒の差があったんだ。とても奇妙なレースだったよ」

 クラッチローはレース終盤、ビニャーレスに対して接近したが、残り2周でラインを外してしまいビニャーレスとの差が広がることになった。そして、この事がクラッチローに幸運をこれ以上どこかへ押しやらないように確信させたという。

「残り5周で彼は少し前を行っていたが、僕は再び彼に接近して、ラスト2周で追い抜けるんじゃないかと思ったんだ」

「だがそういったことは起こらず、ラストラップには“2位はビニャーレスのものだな”と思ったんだ」

「タイヤはもう終わっていたけど、僕は全力を尽くし、そしてリヤを失った。ターン11で(差を)詰めることが必要だったんだ。なぜならその坂の下で彼をパスすることができると思っていたからだ」

「僕は彼に速く迫ろうとしたが、自分でミスを犯してしまったんだ」

 一方、前戦オランダGPでの優勝に続いて2位を獲得したビニャーレス。彼はこの表彰台でチームメイトのバレンティーノ・ロッシを上回るランキング5位に浮上した。

 ビニャーレスはレース序盤は優勝したマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)に挑む野望を秘めていたという。ただ、レース後半でクラッチローを阻止し続けて得た2位というポジションは“信じられないほどの物”と述べている。

「カルについては心配していたんだ。20周もの間、彼のマシンの(音を)聞いていたからね」とビニャーレスはレースを振り返った。

「タイヤを労わろうとして、良い形で乗っていたんだ。いくつかミスは犯してしまったけど、とても満足しているよ」

「僕らは今週末をよくやったと認識する必要がある。ヤマハ勢では(ランクが)1番で、そして表彰台も獲っていて、本当に素晴らしい結果なんだとね」

「前半戦を、アッセンでの勝利そしてここで2位になって折り返せるのは、驚くほど素晴らしいことだよ」

次の記事
MotoGPドイツ決勝:マルケスがザクセン“10連覇”! 満身創痍の中上貴晶14位

前の記事

MotoGPドイツ決勝:マルケスがザクセン“10連覇”! 満身創痍の中上貴晶14位

次の記事

「苦戦の理由を見つけださないと……」ロッシ、苦境に“光”は未だ見えず?

「苦戦の理由を見つけださないと……」ロッシ、苦境に“光”は未だ見えず?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第9戦ドイツGP
ドライバー カル クラッチロー 発売中 , マーベリック ビニャーレス 発売中
チーム Team LCR
執筆者 Jamie Klein