2022MotoGPへの“飛び級”予想されるダリン・ビンダー、スーパーバイクで“大型適正”をチェックへ?

Petronas Sprintaから現在Moto3クラスに参戦しているダリン・ビンダーは2022年のMotoGPクラス昇格が噂されているが、今週ヤマハのスーパーバイクでテストを行なうことが分かった。

2022MotoGPへの“飛び級”予想されるダリン・ビンダー、スーパーバイクで“大型適正”をチェックへ?

 現在MotoGPクラスに参戦しているペトロナス・ヤマハSRT。彼らは2022年シーズンに向け新たに起用するライダーを探しているが、候補と言われているダリン・ビンダーにヤマハのスーパーバイクをテストさせ、適正を見極めようとしているようだ。

 ペトロナス・ヤマハSRTは2022年に向けたライダー選定を迫られている状況にある。ヤマハファクトリーチームのマーベリック・ビニャーレスがチームを離脱することになり、現在SRTに所属するフランコ・モルビデリがその後任として昇格すると見られていることに加え、バレンティーノ・ロッシが今季限りで引退してしまうためだ。

 当初SRTはMoto2で活躍中のルーキー、ラウル・フェルナンデスを候補にしていた。しかしKTMは有力な育成ライダーの流出を阻止し、来季彼をテック3・KTMからMotoGPクラスに昇格させることを発表している。

 またVR46のマルコ・ベッツェッキが次の候補として挙げられていたが、彼はVR46からMotoGPクラスに昇格することが濃厚で、この選択肢も頓挫してしまった。

 そして、タイトルスポンサーのペトロナスが降板するという決定も、SRTの抱える問題を更に複雑にしている。

Read Also:

 予算の縮小を迫られることになったSRTに残る選択肢は多くない。その結果、彼らの有力な選択肢は現在Moto3の自チームで戦うダリン・ビンダーを“飛び級”させることだ。

 ビンダーは現在ランキング6番手。今シーズンは表彰台を2回獲得しているが、ランクトップのペドロ・アコスタからは110ポイント差と大きく離されてしまっている。

 そしてmotorsport.comの取材によると、SRTは17日(火)にブルノ・サーキットで、ビンダーにスーパーバイク(YZF-R1)によるテストを行なわせる予定だと分かった。

 仮にビンダーがSRTからのMotoGP昇格が決まった場合、“飛び級”での昇格となるが、これは2015年のジャック・ミラー(現ドゥカティ)以来のこととなる。

 なおもうひとりのライダー候補としては、現在SRTのMoto2チームに在籍しているジェイク・ディクソンと、ジャビ・ビエルヘの2名をはじめ、多くの名前が囁かれている。

 そのディクソンは次戦イギリスGPでMotoGPデビューするのではないかとも言われている。現在ヤマハはビニャーレスを出場停止としており、次戦でテストライダーを務めるカル・クラッチローをその代役に起用した場合、モルビデリの代役が欠けてしまうためだ。

 またSRTは来季、ヤマハから供給を受けるマシンの仕様が変更され、“Bスペック”のYZR-M1になると見られている。

 SRTは今後のチームの参戦計画については、イギリスGPの週末に発表するとしている。

 

Read Also:

シェア
コメント
ホンダ、角田裕毅&同世代若者への応援プロジェクト「走れ、誰も追いつけない速度で」を始動
前の記事

ホンダ、角田裕毅&同世代若者への応援プロジェクト「走れ、誰も追いつけない速度で」を始動

次の記事

2位バニャイヤ、乗り換え一瞬悔いるも……“9台ごぼう抜き”「まさか」の表彰台フィニッシュ

2位バニャイヤ、乗り換え一瞬悔いるも……“9台ごぼう抜き”「まさか」の表彰台フィニッシュ
コメントを読み込む