型落ちマシンはもう勝てない? ドゥカティ最新型への対抗は「限界」とディ・ジャンアントニオ

VR46のファビオ・ディ・ジャンアントニオは、2023年型のドゥカティのマシンは2024年型に比較して既に限界に達してきており、対抗するのが難しいと現状を説明した。

Marc Marquez, Gresini Racing

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 VR46のファビオ・ディ・ジャンアントニオは、今シーズン走らせているドゥカティの2023年型マシンは、既に最新型のライダーに対抗するのが難しくなっていると語った。

 ドゥカティは現在ファクトリーとプラマックの2チームに最新型のファクトリーマシンを、VR46とグレシーニへ型落ちマシンを供給している。

 ただ最新型でしか成功できないというわけではない。2022年、2023年とエネア・バスティアニーニやマルコ・ベッツェッキが型落ちマシンで勝利しているし、今シーズンも2023年型で表彰台が多数記録されている。

 ドゥカティの型落ちマシンは熟成されたポテンシャルを武器に、最新型が熟成される前にアドバンテージを活かすことが多かったが、2024年シーズンも第8戦まで終えた今、型落ちマシンで最新型に対抗することが難しくなっているようだ。

 ジャンアントニオは今シーズン、安定してトップ10フィニッシュを記録しているが、自己ベストはカタルニアGPの5位。表彰台にはまだ手が届いていない。彼は「現時点でバイクが限界に達しているのは確かだ」と語る。

「本当に限界までプッシュしないといけなくて、崖っぷち状態だ」

「2024年型のように速く走れるけれど、本当に、本当に限界ギリギリの状態なんだ。ほんの小さなミスで僕らは遅くなってしまう。それが実際のところだ」

「このバイクは素晴らしく良いバイクだよ。でも2024年型に対抗して戦うには、僕らは限界に達してしまっている。2023年型が少し苦しんでいるように見える理由だと思う」

「今年、僕らは2024年型よりも速いもの(2023年型)を一度も見ていないと思う。常に後れを取っているんだ」

Fabio Di Giannantonio, VR46 Racing Team

Fabio Di Giannantonio

Photo de: Gold and Goose / Motorsport Images

 ジャンアントニオは2023年型では「もう少し旋回性を良くしたい」と語っているが、2024年型ではコーナリング部分で改善があると指摘している。

「データを見ると、2024年型はコーナーエントリーの最初の部分で少し優れているみたいなんだ。あのバイクでは、コーナー出口でより良いポジションをとって、小さく曲がれるという感じだろうか。彼らは速く走るのが少し楽そうだ」

 なおジャンアントニオは2022年型から2023年型へのマシンの素性の変化も、自分にとってはハードルになっていると認めている。ただ、2023年型でも、マルク・マルケス(グレシーニ)とジャンアントニオら他のライダーとの間にも差が生まれている。

 アレックス・マルケス(グレシーニ)は兄とのギャップを念頭に、まだ自らにはできることがあると語った。

「2023年型の限界について話さないといけないとしても、僕らはムジェロでマルクに10秒差をつけられていたんだから、まだ遠く離されているよ!」

 アレックス・マルケスはそう語る。

「僕は2023年型の限界には達していない。僕のライディングからすると、今年は最初から苦労していた。(2023年に使用していた)2022年型のほうが、僕のライディングには適していたんだ。でも僕たちは限界に達しているわけじゃない。さっきも言ったように、マルクは特にレースペースでこのバイクの限界に達しているけれど、僕はまだ苦労しているんだ」

 

前の記事 マルケスの商業的な価値にドゥカティは屈した? LCRのチェッキネロ代表「アジア市場の鍵になる可能性がある」
次の記事 ヨハン・ザルコ、ホンダでの目標を「トップ10からポイント獲得」へ下方修正

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本