“脳の電源を切れ!” 新人クアルタラロ、MotoGPマシン攻略のカギを語る

シェア
コメント
“脳の電源を切れ!” 新人クアルタラロ、MotoGPマシン攻略のカギを語る
執筆:
2019/02/28 10:03

MotoGPカタールテストに彗星の如く現れたのは、SRTヤマハのファビオ・クアルタラロ。彼は“脳の電源を切る”ことが最高峰クラスでの鍵だと話す。

 ファビオ・クアルタラロは新設されたペトロナス・ヤマハ・SRTからMotoGPにデビューするルーキーライダーだ。彼はカタールテスト2日目にMotoGPマシンで初めて”まともな”タイムアタックを行ったと話している。

 そのクアルタラロはカタールテスト2日目を3番手タイムで終え、最終日にはトップのマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)から0.233秒遅れの2番手タイムを記録している。

 彼はプレシーズンテストをこうした結果で終わることができて、“本当に満足している”と語る。そして「ユーズドタイヤで14周回をこなしたけど、ペースは本当に良い。まだ電子制御は改善する必要はあるけどね」と付け加えている。

「でもとにかく、本当に満足している。ラップタイムもタイムアタックも本当に速かった。そしてこれがここまで僕らの弱点だった部分なんだ」

 昨年行われたバレンシアテストでのMotoGPマシン初テストから今までの間に起こった、最も大きな変化は何か? そう尋ねると彼はこう答えている。

「バレンシアテストでは、転倒しないことが一番だった。でも、今はMotoGPマシンにも慣れてきて、1周なら脳の電源を切ることができるんだ」

「これが、バレンシアから現在までの間にあったポジティブな点だと思う」

「たぶん僕らはこの部分にもう少し取り組む必要がある。だけど、もちろん僕らは大きなステップを踏んだと思う」

 一方、チームメイトのフランコ・モルビデリは当初、ソフトタイヤでのペースに苦しんでいたため、以前に行われたテストと比較して低調なスタートを切っていた。しかし、最終的には3日間総合タイムで7番手を記録している。

 モルビデリはカタールテストではコーナー進入に苦戦していたが、テストを通じて改善を感じられたと語る。

「幾つかのエリアで僕たちは苦戦している。だけど完全ではないにしろ解決することはできた。少なくとも幾つかの状況であれば問題は解決可能だ」

「開幕戦に向けて僕らは全てをまとめていく必要がある」

「たぶん、凄い仕事ができたと思う。僕らは全てをまとめ上げて、レースと予選で競争力のバランスを取る必要がある」

 モルビデリは、こうした問題が3月8日に開始される開幕戦カタールGPまでに解決できると確信しているわけではない。

「僕らは本当に多くの事を試している。幾つか良いモノがあったから、それをまとめてみようと思う。成功すれば、2週間後には話せるだろう」

「収集したデータによれば、僕らはとても早く問題を解決できる……と思っているよ」

次の記事
クラッチローが新型マシンに注文「フロントの感触が悪い」

前の記事

クラッチローが新型マシンに注文「フロントの感触が悪い」

次の記事

ホンダのマシンはもう慣れた? ロレンソ、乗り換えは“ドゥカティの時より”順調

ホンダのマシンはもう慣れた? ロレンソ、乗り換えは“ドゥカティの時より”順調
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント Qatar February testing
ドライバー ファビオ クアッタハッホ
チーム Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Valentin Khorounzhiy
Be first to get
breaking news