MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days

タイトル争いは6月に終わっていた? ドヴィツィオーゾ、“非自責”の転倒を嘆く

シェア
コメント
タイトル争いは6月に終わっていた? ドヴィツィオーゾ、“非自責”の転倒を嘆く
執筆:
2019/09/25 2:39

現在ポイントランク2番手のアンドレア・ドヴィツィオーゾは、6月のカタルニア戦の時点で、既にタイトル争いの芽は消えていたと語った。

 MotoGP第14戦アラゴンGPで、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは2位表彰台を獲得。ドヴィツィオーゾにとって3戦ぶりの表彰台となったが、勝者であるマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)からは約5秒差と、挑むことすらできなかった。

 そして、アラゴンGPでマルケスが勝利したことにより、ランキング2番手のドヴィツィオーゾとのポイント差は98に拡大。第15戦タイGPでマルケスがこのリードを“100”に広げた場合、4戦を残してタイトルが確定する。

 ドゥカティとドヴィツィオーゾのペアは2017年から2年連続でランキング2位になったことともあり、タイトル争いにおけるマルケスの好敵手となると予想されていた。

 しかしドヴィツィオーゾのタイトル争いへの賭けは、カタルニアGPでホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)の転倒に巻き込まれた事や、イギリスGPでファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)の転倒に巻き込まれた事によって、その可能性を大きく目減りさせてしまった。

 ドヴィツィオーゾはチャンピオンシップを振り返って、これらのリタイアに終わったレースをマルケスとのギャップの要因に挙げたが、同時にマルケスにコンスタントに挑む事ができなかったことも認めた。

「僕は言い訳をするタイプの男じゃないから、今からそういったことを言い始めたくはない」と、ドヴィツィオーゾは言う。

「だけど自分のせいではないのに0ポイントのレースが何度もあると、全てが変わってしまうんだ」

「バルセロナまで僕らは遅れを取ってはいたけど、それでもマルクに接近していた(当時は12ポイント差)。バルセロナでのインシデントで“足切り”を食らったんだ。でもとにかく、僕らは去年のようにマルクに接近できていなかった」

「僕らはシーズン中盤では、彼に一瞬しか挑むことができなかった。そして、シルバーストンのクラッシュが起きた。でもそのふたつのインシデントが無ければ、僕がマルクに(タイトル争いで)挑めていた、とは言いたくない。僕らはオーストリアGPで“のみ”、彼に先んじる事ができただけなんだから」

「これが現実で、僕らはいくつかの部分で改善しないといけない。ただ現時点では誰もマルクを負かせていないから、僕ら全員が策を見つける必要がある」

 次戦タイGPが、今季のマルケスのタイトル獲得に向けた最初の天王山となる。マルケスが戴冠を決めるには、ドヴィツィオーゾに2ポイント差をつけるだけで良い状況だ。

「とても厳しい戦いになるだろうけど、不可能な事は何もない。だから最後までトライしてみるつもりだ」」

 ドヴィツィオーゾはマルケスの戴冠を遅らせる事について、そう語った。

「ここ(アラゴン)ではあまり楽観的に来た訳ではなかったし、フリー走行でもとても上手く行った訳じゃない。でも最終的には2位に浮上して来れた。これは諦めるべきではない、ということの証明だ」

「何が起こったのかはとても良く理解しているし、落ち着いて取り組んでいる。レースではほとんどの場合で常に最大限の力を引き出しているんだ」

Alex Rins, Team Suzuki MotoGP, Marc Marquez, Repsol Honda Team, Andrea Dovizioso, Ducati Team crash

Alex Rins, Team Suzuki MotoGP, Marc Marquez, Repsol Honda Team, Andrea Dovizioso, Ducati Team crash

次の記事
アレイシ・エスパルガロ、7位入賞も「実力ではない」とアプリリアに警鐘

前の記事

アレイシ・エスパルガロ、7位入賞も「実力ではない」とアプリリアに警鐘

次の記事

キャンプでMotoGPを遊べ! 日本GPの魅力をレイザーラモンRGが語る

キャンプでMotoGPを遊べ! 日本GPの魅力をレイザーラモンRGが語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第14戦アラゴンGP
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ 発売中
チーム Ducati Team 発売中
執筆者 Jamie Klein