SRTからMotoGP復帰のドヴィツィオーゾ「ヤマハのオファーに“ノー”とは言えなかった」

ペトロナス・ヤマハSRTからMotoGP復帰が決まったアンドレア・ドヴィツィオーゾ。彼はヤマハからのオファーに対して「ノー」と言うことはできなかったと語った。

SRTからMotoGP復帰のドヴィツィオーゾ「ヤマハのオファーに“ノー”とは言えなかった」

 9月16日、ヤマハはマーベリック・ビニャーレスの離脱に伴う後任人事を発表。ファクトリーチームにはフランコ・モルビデリが加入し、ペトロナス・ヤマハSRTの空いたシートには、アンドレア・ドヴィツィオーゾが加入することとなった。

Read Also:

 ドヴィツィオーゾは2020年シーズン限りでドゥカティを離れると、2021年は休暇に当てていた。

 ビニャーレスがヤマハを離脱し、アプリリアへ加入したことで、ヤマハとしてはその後任人事に対処する必要が生じた。そして結果的には、ドヴィツィオーゾにはMotoGP復帰のチャンスが巡ってきた。

 ドヴィツィオーゾは休暇中にはかなりリラックスしていたものの、ヤマハのマシンに乗るチャンス、そして2022年にファクトリー仕様のマシンを走らせるチャンスに対して、「ノー」と言うことはできなかったと話している。

「自宅では気分良く、好きなことを情熱を持ってしていたし、よりリラックスしていた。MotoGPでレースをしていないと、すごくリラックスできるんだ」

 ドヴィツィオーゾはそう語る。

「(ヤマハからの)ドアが開いた時には、考えたよ。でも『ノー』とは言えなかった」

「2012年に僕はサテライトチーム(テック3)で良いシーズンを過ごした。そして僕の夢はヤマハのファクトリーチームへ行くことだった。現実のものにはならなかったけどね」

「同じバイク(ドゥカティ)で8年を過ごした後に来たこのチャンスだ。これは僕がやりたかったことで、乗りたかったバイクなんだ」

「確かに、良いことになるよりも、リスクの方が大きいかもしれない。多くの人にとってはそうなんだろうと思う」

「でも僕は気にしない。僕は自分のためにレースをしているのであって、情熱を持っているから走るんだ」

「(ドゥカティと)全く異なるバイクに乗って、それを感じることに凄く興味がある。でもそのことは問題にならないと思っている」

「今年起きたこと、そしてこの状況には満足している」

「確かに8年間同じバイクに乗った後だから、レースウィークの始め方としてベストな形にはならないだろう」

「でも一方で、来シーズンの前にレースを5回、テスト2回を経験できるのは幸運だ。楽しみにしているところでもあるよ」

 またドヴィツィオーゾは、アプリリアとのテスト契約、そしてアプリリアから復帰しないという決定についても説明した。

「2021年に彼らのためにはレースをしたくなかった」と、ドヴィツィオーゾは言う。

「それが家に留まっていた理由だ」

「マッシモ(リボラ/アプリリア・レーシングCEO)は本当にいい人で、彼は僕に『バイクを試そう、試そう、試そう』とプッシュしてきて、結局彼が勝ったんだ!」

「いいアイデアだったね。僕のマネージャーは両者にとっていい考えだったからそれを推し進めていた。ただ僕はレースをしようとは思わなかったに。僕が望んだ状況ではなかったんだ。でも、それはアプリリア(のパフォーマンス)が悪いからというわけじゃない」

「僕は自分が望んでいることは分かっていた。シーズン序盤には不可能だったモノを望んでいたんだ。そして、それは起こった。僕は考えられないほど幸運だったよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ヤマハ、モルビデリ昇格&ドヴィツィオーゾのSRT起用を正式発表。モルビデリは2023年末までの2年契約

前の記事

ヤマハ、モルビデリ昇格&ドヴィツィオーゾのSRT起用を正式発表。モルビデリは2023年末までの2年契約

次の記事

マルク・マルケス、今季のバイクに適応するのに苦しむ「普通の乗り方で乗ると、すぐクラッシュしてしまう」

マルク・マルケス、今季のバイクに適応するのに苦しむ「普通の乗り方で乗ると、すぐクラッシュしてしまう」
コメントを読み込む