ドヴィツィオーゾ「アプリリアでのテストは賢い決定」5月にムジェロで2回目を予定

ヘレス・サーキットで行なわれたMotoGPのプライベートテストでアプリリアRS-GPを走らせたアンドレア・ドヴィツィオーゾは、今回のテスト実施が2022年の復帰を目指す彼にとって“賢い”決定だったと主張する。

ドヴィツィオーゾ「アプリリアでのテストは賢い決定」5月にムジェロで2回目を予定

 MotoGPの2021年シーズンをフリーの状態で過ごしているアンドレア・ドヴィツィオーゾ。彼は4月12〜14日にかけてヘレス・サーキットで行なわれたプライベートテストにアプリリアから参加し、昨シーズン以来のMotoGPマシンを操る機会を得た。

Read Also:

 ドヴィツィオーゾは昨シーズン限りでのドゥカティ離脱が決定すると、ヤマハのテストライダーや、アプリリアのレギュラーシートなどのいくつかのオファーがあった。しかし彼は2022年のフル参戦復帰に向けそれらを断ることを選択していた。

 ただ前述の通りドヴィツィオーゾはアプリリアと、プライベートテストへの参加で合意。彼のマネージャーは今回のテスト参加が直接2021年シーズンの復帰につながるものではないとしていて、彼らのゴールがどこに設けられているかは不明なままだ。

 motorsport.comはドヴィツィオーゾに対し、アプリリアからのテスト参加オファーを受けた動機を訊いた。すると彼は次のように答えている。

「僕の情熱は依然としてMotoGPにあって、来年レースをしたいからだ」

「コース上に出ることは賢い選択だったと思うし、アプリリアが僕に適切な形でそれを実施する方法を与えてくれて、本当に嬉しく思っている」

「今回のことにはとても満足している。来年レースをするかどうかに関わらず、ポジティブなものだったと思う」

「MotoGPバイクを走らせるというチャンスはいつでも素晴らしいものだし、ただ乗るだけではなく、こうしてプロフェッショナルとしての方法で行なうのが、僕のやりたいことであり、求めていたモノなんだ」

「ノー、と言うのも簡単ではなかった。それに全てが適切な形で用意されたから、僕としてはテストに参加するのは賢かったと思う」

 なお今回のヘレステストにおいて、ドヴィツィオーゾはアプリリアのマシンを快適に乗りこなせるポジションが定まっていないこともあり、開発に深く関わったわけではないという。

 また彼はラップタイムに関しては“悪くなかった”と述べているが、RS-GP自体の印象的だった点や残念な点などについても言及はしていない。ただテストは今回限りではなく、5月12〜14日にかけてムジェロ・サーキットで再度アプリリアから参加することをチームは認めている。

「ラップタイムについて話すのはあまり賢いとは思わない。バイクのポジションが100%快適に感じられていないときのタイムは、あまり重要じゃないからね」

「以前話したように、MotoGPライダーの速さを見るとその差は小さいし、そこは重要じゃない。特にレースでは皆が最速から1秒以内で走っているよね」

「だからそれ(今回のタイム)は重要じゃない。トップで居るには様々なコトが必要なんだ」

「次に、僕らはもう少しポジション面で作業をしたいから別のテストをすると思う。ここは他のことを試すためには鍵となるもので、時間が必要なんだ」

「だからまた別のテストが計画されると思うし、恐らく1ヵ月後のムジェロに居るだろう。それがプランだよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
【ギャラリー】アンドレア・ドヴィツィオーゾ、アプリリアRS-GPを初ライド

前の記事

【ギャラリー】アンドレア・ドヴィツィオーゾ、アプリリアRS-GPを初ライド

次の記事

ドゥカティ、2022年以降も6台体制維持を希望。アプリリアと別れたグレシーニに食指

ドゥカティ、2022年以降も6台体制維持を希望。アプリリアと別れたグレシーニに食指
コメントを読み込む