MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
WU まで
07 時間
:
27
:
53
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
12 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
26 days

”F1式”チームオーダーはMotoGPには不要! ドヴィツィオーゾ、チーム内バトルに満足

シェア
コメント
”F1式”チームオーダーはMotoGPには不要! ドヴィツィオーゾ、チーム内バトルに満足
執筆:
2019/05/20 2:57

フランスGPで2位を獲得したアンドレア・ドヴィツィオーゾは、ドゥカティがチームメイトバトルをすることを許し、チームオーダーが出されなかった事は良いことだと語った。

 MotoGP第5戦フランスGPで2位表彰台を獲得したドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾ。彼はレース中にチームメイトのダニーロ・ペトルッチからプレッシャーを受けており、ペースもペトルッチの方が“少し速かった”と認めた。

 ドヴィツィオーゾは過去3年のタイトル争いにおいて、ドゥカティにとって一番の希望となっていた。そして、2017年には当時チームメイトだったホルヘ・ロレンソに対し、マレーシアGPとバレンシアGPでドヴィツィオーゾに前を行かせるように命じるチームオーダーが出され話題となった。

 しかし、当時のロレンソはどちらのオーダーにも従わなかった。一方、今回のフランスGPでは、ペトルッチはドヴィツィオーゾと自由なバトルが許されているように見えた。ペトルッチは最終的にドヴィツィオーゾから約0.15秒差の3位でフィニッシュ。そしてレース後に、ペトルッチは“ベストを尽くした”が転倒しないように注意していたと強調した。

こちらも:

 ドゥカティがペトルッチに対して後ろにとどまるようオーダーを出すべきだったかを訊くと、ドヴィツィオーゾはこう語っている。

「F1にいるなら、イエスだ。だけど、僕らのチャンピオンシップではノーだ。特にシーズン序盤ではね」

「どういった方法を取りたいか次第だ。最大ポイントを取りたいのなら、それはいいアイデアになるかもしれないが、僕らのしているスポーツはそんなものではない」

「ダニーロは強いライダーだ。チャンピオンシップにおいて、彼は良い状況にある。彼は最大限の力を発揮した。そして僕は彼と争えたことに満足しているよ」

「彼は僕を抜こうとしていたけど、それは難しかったはずだ。僕も本当にプッシュしていたからね。タイヤに苦戦していたんだけど、終盤のラップタイムが1分32秒8なのは、悪くなかった」

「彼は馬鹿げた行動はしなかったし、そういった事は僕らには必要ないものだ。そこについて僕は満足している」

 フランスGPでの表彰台を受け、ドヴィツィオーゾはランキング2位に浮上し、首位のマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)から8ポイント差、ペトルッチは30ポイント差でランキング5位につけている。

「今日、僕は苦戦していたけど、最終的に2位で終えられたのは良かった。マシン、特にリヤタイヤと戦っていたんだ」と、ドヴィツィオーゾは話した。

「チャンピオンシップを戦いたいなら、今回の結果は良いとは言えないね」

「僕は遅すぎた。レース序盤は良いペースを維持することが出来なかった。これはネガティブな点だ。ただ、僕らはマルケスにかなり接近しているから、落ち着いていく必要がある」

次の記事
MotoGPフランス決勝:マルケスがポール・トゥ・ウィン。ホンダ300勝目

前の記事

MotoGPフランス決勝:マルケスがポール・トゥ・ウィン。ホンダ300勝目

次の記事

マルケスから約6秒差、KTM進歩の証? ポル・エスパルガロ「信じられないリザルト」

マルケスから約6秒差、KTM進歩の証? ポル・エスパルガロ「信じられないリザルト」
コメントを読み込む