MotoGP
R
ドイツGP
18 6月
Canceled
25 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
Canceled
14 7月
イベントは終了しました
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
3 days
R
スティリアGP
21 8月
次のセッションまで……
11 days
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
次のセッションまで……
31 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
次のセッションまで……
39 days
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
46 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
60 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
66 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
67 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
74 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
88 days
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
95 days
13 11月
Canceled
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

【更新】イギリスGPでクラッシュのドヴィツィオーゾ、一時的な記憶喪失で検査のため病院へ

シェア
コメント
【更新】イギリスGPでクラッシュのドヴィツィオーゾ、一時的な記憶喪失で検査のため病院へ
執筆:
2019/08/25 13:54

イギリスGP決勝でクラッシュに巻き込まれたアンドレア・ドヴィツィオーゾは、一時的な記憶喪失に見舞われ、病院へ搬送された。

 MotoGP第12戦イギリスGPで、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは転倒したファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)のマシンを避けることができず、大きなクラッシュを喫してしまった。

 その際、ドヴィツィオーゾはクアルタラロのマシンに乗り上げると、そのまま上空に放り出され、背中から地面に叩きつけられてしまった。彼は担架でコース脇へと運ばれると、後に立ち上がる姿を見せた。

 ただ、ドゥカティのスポーティングチーフであるダヴィデ・タルドッツィとMotoGPドクターのエンジェル・シャルテの伝えるところによると、ドヴィツィオーゾは繰り返し腰の痛みを訴えており、加えて一時的な記憶喪失の症状も出ていたようだ。

 結果的に、ドヴィツィオーゾはメディカルセンターへと連れられ、その後は予防的な検査のためにコヴェントリーの病院へと向かった。

 ドヴィツィオーゾがレースをリタイアした一方で、ポイントランキング首位のマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は2位を確保。それによってポイント差は78にまで拡大してしまった。

【更新】同じくクラッシュを喫していたクアルタラロもコヴェントリーの病院へ運ばれた。

 彼はクラッシュ後、メディアに対し「大丈夫」と語っていたが、めまいがするということもあり病院へ向かったようだ。

 一方、病院へ精密検査のために運ばれたドヴィツィオーゾだが、放射線検査の結果、負傷のないことが明らかとなり、その日の晩には病院を離れた。

 「コヴェントリーの病院での検査による結果、ダメージは何もないことが示され、ライダーは夜のうちに自宅へ戻りました」とドゥカティは公式に発表している。

「転倒しないことが優先事項」ロレンソ、“実戦トレーニング”を復帰の第一歩に

前の記事

「転倒しないことが優先事項」ロレンソ、“実戦トレーニング”を復帰の第一歩に

次の記事

Moto2イギリス決勝|長島自己最高位タイの5位。フェルナンデス今季2勝目

Moto2イギリス決勝|長島自己最高位タイの5位。フェルナンデス今季2勝目
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第12戦イギリスGP
サブイベント Race
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ 発売中
チーム Ducati Team 発売中
執筆者 David Gruz