MotoGP
R
タイGP
02 10月
Canceled
11 10月
イベントは終了しました
R
日本GP
15 10月
イベントは終了しました
18 10月
イベントは終了しました
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
25 10月
イベントは終了しました
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
08 11月
イベントは終了しました
13 11月
Canceled
15 11月
イベントは終了しました
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled
22 11月
イベントは終了しました

ドヴィツィオーゾが2021年ヤマハ入りの可能性。ロレンソ後任でテストライダーに?

シェア
コメント
ドヴィツィオーゾが2021年ヤマハ入りの可能性。ロレンソ後任でテストライダーに?
執筆:

motorsport.comの調べによると、2020年限りでドゥカティを離れるアンドレア・ドヴィツィオーゾは来季、ホルヘ・ロレンソの後任としてヤマハのテストライダーに就任する可能性があるようだ。

 今年8月、アンドレア・ドヴィツィオーゾは8年間所属してきたドゥカティと来季以降の契約を延長しないことを発表。長年に渡る関係に終止符が打たれることとなった。

Read Also:

 しかし8月の時点で既に2021年のMotoGPクラスのシートは大半が決定済み。ドヴィツィオーゾがレギュラーライダーとしてのシートを確保することは難しいと考えられていた。

 唯一残されているシートが、アンドレア・イアンノーネのドーピング問題に揺れるアプリリアだったが、motorsport.comの調べではドヴィツィオーゾはアプリリアへの加入を選択肢としては考えていなかったようだ。

 最近になって、彼は2021年にテストライダーに就任するという線でいくつかのメーカーと話し合いを行なっているということが確認された。

 ここ数週間、ドヴィツィオーゾのマネージャーであるシモーネ・バティステラはヤマハ、ホンダそしてKTMとコンタクトをとっている。

 そしてmotorsport.comの調べでは、ドヴィツィオーゾはホルヘ・ロレンソの代わりとして、ヤマハへテストライダー入りする可能性が最も高いようだ。なおドヴィツィオーゾは2012年にテック3・ヤマハに在籍。YZR-M1を駆って表彰台を6度獲得している。

 ドヴィツィオーゾ側の要望は金銭的な面だけではなく、彼が他のレースカテゴリー、特にモトクロスといった分野でのレースを行なう自由を欲していると見られている。モトクロスを愛好する彼は、今年6月に参加したモトクロスレースにおいて転倒、鎖骨骨折の怪我を負うなどしているが、このリスク要素をメーカー側が受け入れるかは定かではない。

 そしてバティステラの語った所によると、最終的な決定な今週にも行なわれるという。

「アンドレアが望んでいることは、別の分野のレースに参加できるようにすることだ」と、バティステラはmotorsport.comに語った。

「我々は今週中に、最終的な決定を下すつもりだ」

 ドヴィツィオーゾの決断の鍵となるだろう要素は、メーカー側が2022年にレギュラーライダーとして復帰するという彼にとって最善の選択肢を与えてくれるかどうか、のはずだ。

 その点で考えると、ホンダにとってはマルク・マルケスの肩の負傷を巡る不確実性もあり、ドヴィツィオーゾは最高の代役となるだろう。

 しかしホンダ側はドヴィツィオーゾがモトクロスレースでの怪我のリスクを持ったまま、RC213Vの開発を同時に行なうというアイデアに乗り気ではないようだ。

 またKTMだが、彼らはライダーを自陣営の育成組から登用したいと考えていることため、ドヴィツィオーゾが2022年のシートを保証されるとは考えづらい。

 そして残されたヤマハだが、2021年にバレンティーノ・ロッシはペトロナス・ヤマハSRTと1年間の契約を結んでいるのみであることを考えると、ドヴィツィオーゾにとってはベストな選択肢と考えられる。

 ヤマハも直近までトップ層で走っていたドヴィツィオーゾから、バイクの開発において大きな恩恵を受けることができる。しばしばグリッド上でトップスピードが最も遅いバイクとなるヤマハだが、少なくとも彼らのエンジンは2022年に向け重要な一歩を踏み出すことになるだろう。

 また今年からヤマハのテストライダーとなったホルヘ・ロレンソの契約が継続されない可能性があることも、ドヴィツィオーゾにはプラス要素だ。

 ロレンソは今年、2019年型によるテストを4日間行なったのみで、さらにポルティマオテストではアプリリアに4秒差をつけられていたことから、プロジェクトへの取り組みに対するレベルや、その貢献度に疑問の声が上がっている。実際、現時点では2021年にロレンソを継続起用するかどうかは表明されていない。

 

Read Also:

テルエル13位のドヴィツィオーゾ「タイヤが完全に終わっていた」タイトルの芽は潰えた?

前の記事

テルエル13位のドヴィツィオーゾ「タイヤが完全に終わっていた」タイトルの芽は潰えた?

次の記事

MotoGPチーム協会&ドルナ、コロナ対策の緩みに喝! ライダーに書簡で遺憾を表明

MotoGPチーム協会&ドルナ、コロナ対策の緩みに喝! ライダーに書簡で遺憾を表明
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Oriol Puigdemont