MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
09 時間
:
46
:
11

今のMotoGPでは“信じられない結果”……ドヴィツィオーゾ、マルケスの強さに唖然

シェア
コメント
今のMotoGPでは“信じられない結果”……ドヴィツィオーゾ、マルケスの強さに唖然
執筆:
2019/10/09 6:48

マルク・マルケスはMotoGPタイGPで今季のタイトル獲得を決めた。ランキング2番手で彼を追っていたアンドレア・ドヴィツィオーゾは、彼の今年の成績は現在のMotoGPにおいては“おかしなモノ”だと語った。

 マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)はMotoGP第15戦タイGPで優勝し、4レースを残して今季のタイトル獲得を決定した。

 マルケスはこれまでの15レースで、転倒リタイアを喫したアメリカズGPを除くと“優勝か2位か”という、高アベレージなシーズンを送っている。

 ポイントランキング2番手でマルケスを追っていたアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は、こうしたマルケスの戴冠に至る道のりが、信じられないほどのモノだと話した。

「彼はとてつもないシーズンを送っている。どのレースでも優勝を争える位置に留まっているんだからね。それから(リタイアした)オースティンを別にすれば、ワーストリザルトが2位だ。今のMotoGPではちょっとおかしな事だよ」

 ドヴィツィオーゾは今季のマルケスについてそう評価した。

 2019年シーズンのMotoGPはホンダ、ヤマハ、スズキ、ドゥカティの4メーカーが優勝を挙げる拮抗したシーズンとなっている。中でもドヴィツィオーゾとチームメイトのダニーロ・ペトルッチ、アレックス・リンス(スズキ)は最終ラップのバトルでマルケスを下して勝利を持ち帰った。

 ただペトルッチは、マルケスの事をシーズンを通して打ち負かす方法を見出すのは難しいと考えているようだ。

「確かに何人かのライダーは彼(マルケス)のことを負かすことができるし、僕もその数人のひとりだ。だけど彼のワーストリザルトは2位なんだ。間違いなくタイトルに値するよ。これ以上言うことはない」

 ペトルッチはそう語った。

 またドヴィツィオーゾも「誰にとっても、マルクを倒すのは難しいことだ」と、語っている。

「彼がMotoGPデビューを果たした年からとても強かったのを見ただろう。そしてスピードだけでなく、彼はより賢くなっている。歳を重ねる毎に彼は限界を理解して、さらに改善しているんだ」

「そして今季、彼はさらなる改善を示してみせた。ミスは少ししかせず、レースでは常に先頭にいるんだ。これまでには無かったことだ」

「だからマルクを負かすのはとても難しい。だけど不可能なことではないし、僕らはそのために(改善に)取り組んでいるんだ」

Read Also:

次の記事
ジャック・ミラー、“ポチッと”失敗でレース台無し

前の記事

ジャック・ミラー、“ポチッと”失敗でレース台無し

次の記事

テック3・KTMのハフィス・シャーリン、来季はMoto2クラス参戦へ

テック3・KTMのハフィス・シャーリン、来季はMoto2クラス参戦へ
コメントを読み込む