MotoGP
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
イベントは終了しました
R
日本GP
15 10月
イベントは終了しました
16 10月
イベントは終了しました
23 10月
イベントは終了しました
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
06 11月
イベントは終了しました
13 11月
イベントは終了しました
13 11月
Canceled
20 11月
イベントは終了しました
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

ドヴィツィオーゾ、タイトル逃した3年間に悔いなし「僕にとって特別な3年間だった」

シェア
コメント
ドヴィツィオーゾ、タイトル逃した3年間に悔いなし「僕にとって特別な3年間だった」
執筆:

2021年シーズンは休養をとる予定のアンドレア・ドヴィツィオーゾは、ランキング2位でシーズンを終えた2017~19年に”タイトルを失った”とは考えていないようだ。

 アンドレア・ドヴィツィオーゾは、2021年のMotoGPシートを確保することができなかったことから、2022年のシート獲得のチャンスを逃さないためにも、来季はサバティカル(休養)をとることを発表した。

 2008年にMotoGPデビューを果たしたドヴィツィオーゾは、ホンダとドゥカティのマシンで15勝を記録。2017年から2019年までの3年連続で、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)に次ぐランキング2位となっている。

Read Also:

 2020年はドヴィツィオーゾにとって厳しいシーズンになっており、ミシュランの新しいタイヤにうまく適応できずにいる。今季1勝こそしているものの、ランキングは6番手に留まっている。

 もしMotoGPに復帰できなかったとしたら、自分のキャリアに満足できるかと訊かれたドヴィツィオーゾは、motorsport.comに次のように答えた。

「そうだね……自分のキャリア、特にドゥカティでの過去3年間のことを考えると……タイトルは獲得することができなかった。それが僕たちの目標だったからね」

「でも、僕らが負けたという感じはない。かなり遠いところから追いついたからだ。この3年間は特別なものだったと思う」

「僕たちはマルクとホンダを相手にしていた。彼らに勝つのはとても難しかった」

「でも僕はその3年間にとても満足しているんだ。僕のキャリアにおいて重要な一歩を踏み出すことが出来たと思う。でも今は、未来のことを信じたい」

 ドヴィツィオーゾは、ヤマハのテストライダーに就任すると見られていたが、現役続行の可能性を重視し、2021年は休養することで2022年の選択肢を狭めないことを選んだ。

 彼は来季、モトクロスなどに挑戦。2022年のMotoGP復帰を目指す。ヤマハのテストライダーには、現LCRホンダのカル・クラッチローが現役を引退し、テストライダーに就任することが決まっている。

Read Also:

“王者”として挑むレース、前より自由? ジョアン・ミル「ライディングに集中できる」

前の記事

“王者”として挑むレース、前より自由? ジョアン・ミル「ライディングに集中できる」

次の記事

ロッシ、セットアップ変更が奏功せず初日21番手「バイクのバランスを崩してしまった」

ロッシ、セットアップ変更が奏功せず初日21番手「バイクのバランスを崩してしまった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ
チーム Ducati Team
執筆者 Lewis Duncan