ドヴィツィオーゾはレース復帰を望んでいない? エスパルガロ兄「チームメイトになるのは難しい」

アレイシ・エスパルガロは2022年のアプリリア加入が噂されていたアンドレア・ドヴィツィオーゾについて、レース復帰の意思が薄く、競争力もさほど高くないと内情を明かした。

ドヴィツィオーゾはレース復帰を望んでいない? エスパルガロ兄「チームメイトになるのは難しい」

 アプリリアは2021年シーズンに、MotoGPを離れ休暇をとっているアンドレア・ドヴィツィオーゾと接近。数回のテストを行なうなど、関係を継続してきた。

 昨年、ドヴィツィオーゾはアプリリアのレースシートのオファーを断っていたが、2021年型のマシンが大きく改善されたためテスト実施が決定。2021年のテスト契約を結ぶに至った。

Read Also:

 ドヴィツィオーゾはMotoGPへの復帰を目指していると昨シーズンから語っていたため、こうした動きは2022年にアプリリアから復帰する前準備だと考えられてきた。

 しかし、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスが2021年限りでの離脱を表明すると、ドヴィツィオーゾではなくビニャーレスがアプリリアへ加入するという見方が大きくなった。

 現在所属するアレイシ・エスパルガロは、ドヴィツィオーゾは2022年にレースをしたいとは思っていないようだとDAZNに対し語っている。

「ドヴィツィオーゾは僕らと一緒に何度かテストを行なってきた」と、エスパルガロは言う。

「これまでのところ、彼はあまり競争力があるわけではない。それにレースをしたいと思っているようには見えない」

「僕は彼のことが凄く気に入っているけど、チームメイトとなるのは難しいだろう」

 なおアプリリアはコンセッション(優遇措置)の適用メーカーであるため、レギュラーライダーによるテストも自由に行なうことが可能だ。

 現在はマシン開発をエスパルガロが主導している。そしてその負担を軽減するためにも強力なパートナーを望んでいると、彼は語った。

「新しいモノに取り組まないといけないから、バイクの開発は難しい」

「アプリリアはサマーブレイク中に僕に色々なテストをして欲しがっているし、風洞施設にも行って欲しがっている」

「強いパートナーがいるか、サテライトチームがあれば、それは助けになるだろう。肩の荷物を分け合えるし、データもより集めることができるからね」

 

Read Also:

シェア
コメント
ビニャーレスはクアルタラロの”速さ”に苦しめられた? ホルヘ・ロレンソの後輩評価

前の記事

ビニャーレスはクアルタラロの”速さ”に苦しめられた? ホルヘ・ロレンソの後輩評価

次の記事

カル・クラッチロー、夏休み明け3戦でモルビデリ代役参戦が決定。母国イギリスGPにも参加へ

カル・クラッチロー、夏休み明け3戦でモルビデリ代役参戦が決定。母国イギリスGPにも参加へ
コメントを読み込む