「ペトルッチは今まで自信がなかっただけ」ドヴィツィオーゾに“危険なライバル”誕生?

シェア
コメント
「ペトルッチは今まで自信がなかっただけ」ドヴィツィオーゾに“危険なライバル”誕生?
執筆:
2019/06/07 1:59

アンドレア・ドヴィツィオーゾは、チームメイトのペトルッチは自分への自信を欠いており、彼自身の力を理解することが殻を破る道だと語った。

 MotoGP第6戦イタリアGPで、ダニーロ・ペトルッチがキャリア初優勝を達成した。ペトルッチは最高峰クラスで長い間プライベートチームから出走。今シーズンは1年契約だが、遂にファクトリーチームの座を射止め、現在のMotoGPにおける最強のライダーと目されるマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)を破っての優勝だった。

 ペトルッチは、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾとシーズン開始に先駆けて共にトレーニングを開始。イタリアGP後にはドヴィツィオーゾが“兄弟のように受け入れてくれた”事に感謝を示していた。

 ペトルッチとの密接な協力によって、危険なライバルを生み出してしまったのではないかと、ドヴィツィオーゾに尋ねると彼は次のように答えた。

「ダニーロは今シーズン改善していると思う。それは彼が彼自身のことを信じて、ポテンシャルを理解したからだ。過去をみると、彼は自分のことを信じていなかったし。彼の良い点を分析して、そこに気がついていなかったんだ」

「一緒にトレーニング……僕らのスポーツではMotoGPマシンでするのは無理だから、何か別のものを見つける必要がある。ただ、僕らは毎回モトクロスかフラットトラックでトレーニングをして、お互いにプッシュしている。これは僕らのことを限界まで近づけて、リスクを犯すものだけど、僕はそれもスポーツの一部だと思っているし、これで上手くいくと思う。幸い、僕らふたりは同じようにモトクロス出身だから、似た基盤があるんだ」

「モトクロスでは僕らはとても速いし、フラットトラックでも同じようなものだ。だから毎回お互いを負かそうとできて、それが良いんだ」

「もちろん、今回のような(ペトルッチに負かされる)結果はリスクではある。だけど、彼には本当に才能があって、それはポジティブなことだと思うから、お互いに助けることができると思っている」

 ペトルッチはイタリアGPで“非常にアグレッシブな”オーバーテイクをしかけ優勝。結果としてドヴィツィオーゾはマルケスの後ろでゴールし、タイトル争いのポイント差が広がってしまった。

 その後、彼はドヴィツィオーゾのタイトル獲得に向け全力でサポートすることを誓っている。

 そこで、ドヴィツィオーゾに対してタイトル争いでペトルッチにどういった種類の助けを期待しているかを訊くと、こう答えた。

「何も変わったことはしない。今までと同じようにやると思う」

「フリー走行中に話せるとして、他のライダーに従うとしたら、僕らはタイヤやセットアップを分析するだろう。フリー走行から理解できる全ての事柄が、常にあらゆる状況をより良い方法で対処することに役立つと、僕は思う」

次の記事
ヤマハ、中盤戦の失速が”クセ”に? ロッシ「ここ何年も同じ傾向」

前の記事

ヤマハ、中盤戦の失速が”クセ”に? ロッシ「ここ何年も同じ傾向」

次の記事

ホンダの“ドゥカティ化”を目指すロレンソ、鍵はブレーキングにアリ?

ホンダの“ドゥカティ化”を目指すロレンソ、鍵はブレーキングにアリ?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第6戦イタリアGP
サブイベント Race
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ 発売中 , ダニーロ ペトルッチ
チーム Ducati Team 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy