MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベント 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
11 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
25 days

チェコGPの最右翼はドヴィツィオーゾ? マルケスがペースを警戒

シェア
コメント
チェコGPの最右翼はドヴィツィオーゾ? マルケスがペースを警戒
執筆:
2019/08/03 3:59

マルク・マルケスはチェコGPで倒すべき相手がアンドレア・ドヴィツィオーゾになると考えているようだ。

 MotoGP後半戦の初戦となる第10戦チェコGPが始まったが、ポイントリーダーのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)はFP1ではドヴィツィオーゾに次ぐ2番手、FP2でもファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)に次ぐ2番手タイムと好発進。だがそれでもライバルのペースに警戒の目を向けている様子だ。

 何人かのライダーは舞台となるブルノ・サーキットではタイヤの劣化が早いと報告しているが、マルケスはそんな中でもアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)がレース距離を最も強力なペースで走ることができる相手だと考えていると語った。

「前戦と比べた場合、今日の変化がとても大きかったのは事実だ」と、マルケスは言う。

「ここでは、最初の5周までがひとつのペースであって、次の15周はまた別のペースなんだ」

「現時点で僕の思う最速ライダーのひとりはドヴィだ。彼は上手くペースを維持することができる。それから去年も彼は素晴らしいレースをしていた」

「だから、僕らはみんなが最終リザルトをチェックすることはもちろん分かっていても、ファステストラップは単なるファステストラップだということを理解する必要がある」

「最も重要なのはレポートでチェックすることだ。そこではドヴィのペースが最速のひとつだった」

 マルケスはチェコGPでもカーボンによって補強されたフレームと、従来型のフレームの比較を続けていた。そして最速タイムは新型フレームで記録されたものだ。

 しかし彼は、新型フレームでの十分な経験がないため、レースでこのフレームを使うことを心配している。一方で従来型のフレームで、十分な競争力があることに自信を持っているようだ。

「今日、僕は両方のシャシーを試した。明日は雨になりそうだ。五分五分だけど、大雨になる可能性もあって、あまり良いコンディションではなさそうだからね。それから厳密に同じバイク、そしてシャシーを用意することが重要なんだ」

「ファステストラップは新型で記録した。だけど従来型は従来型で、僕はそのシャシーの反応について全て分かっているんだ」

「今はエンジニアのみんなが全ての事について分析を行っている。どちらのシャシーでもペースはとても似たものになっているけど、新型ではまだ取り組むべきことがある」

「それから明日は天気があまり良さそうじゃない。まだ決定が下せないんだ。だけど月曜日にはテストがあるし、恐らくそこでまた試すことになると思う」

「あまり良い状況でない時なら、新型シャシーを選ぶのはより簡単だ。だけど全てのトラックで一貫性があって何勝もして、良いフィーリングがある場合に決定を下すのは、より難しいものになる」

Read Also:

次の記事
「ペドロサの働きが重要になる」ザルコ、後半戦の進歩に期待を寄せる

前の記事

「ペドロサの働きが重要になる」ザルコ、後半戦の進歩に期待を寄せる

次の記事

ヤマハ、2020年型のテスト予定も……ロッシ&ビニャーレスは今季を諦めず

ヤマハ、2020年型のテスト予定も……ロッシ&ビニャーレスは今季を諦めず
コメントを読み込む