MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

ドゥカティの新型は“曲がる”バイク目指す。ドヴィツィオーゾ、“まだまだ”と発破

シェア
コメント
ドゥカティの新型は“曲がる”バイク目指す。ドヴィツィオーゾ、“まだまだ”と発破
執筆:
2019/11/27 6:32

アンドレア・ドヴィツィオーゾは、ドゥカティの新型マシンのシャシーが示す改善の兆候が示されていることには満足しているが、まだ十分ではないと考えている。

 MotoGP2019年シーズンが終了し、バレンシアとヘレスでポストシーズンテストが開催されたが、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は新型シャシーに対し、好印象を持っているようだ。

 ドゥカティのバイクは伝統的にコーナリングで苦戦する弱点があると言われてきた。2019年シーズンにおいてもそれは変わらず、ドヴィツィオーゾがコーナリングの改善を求めていた。

「いくつかのテストを行なうことができた。望んでいたもの全てをできたわけじゃないけど、シャシーの比較を再度行なった。こうした(ドゥカティが苦戦してきた)トラックでは非常に重要な点だからね」

 ドヴィツィオーゾはヘレステスト初日を終えてそう語った。

「改善自体は望んでいたほどの“大きな”モノじゃない。だけどそれは普通のことだ」

「僕らは新型シャシーへのフィードバックをもっと分析して、この先また一歩進めるようにしないといけない」

「(新型シャシーに)ネガティブな点はなかったから、そこは良い点だ。ただそんなに大きな前進じゃない。もっとコーナリングを改善したいんだ。もちろん一歩前進していて、ポジティブなんだけどね」

「シャシーを変更した時に大きく前進することはとても難しい。でもこの新型シャシーで果たした進歩はとても興味深いものだった。さらに推し進める必要がある」

 またバレンシアではダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)が肩に怪我を負っていたため、プラマックのジャック・ミラーが新型シャシーのテストを担当していた。

 ミラーは新型シャシーについて、コーナリングを改善するものだと感じているようだ。

「これまでの従来型から新型への乗り換えだから、全ての事が少し不思議な感じがするけど、ポジティブな所を見つけようとした。そして、大部分がポジティブだった」

「新型バイクはヘレスのような高速コーナーでは助けになるだろう。ただ僕はヘレスでは(新型を)試していないから、推測でしか無いけどね」

 彼はヘレステストでは新型エンジンのテストも行なったが、そちらも感触は良好なようだ。

「(新型エンジンの)キャラクターは良好だ。改善していると思うけど、まだ最初の一歩に過ぎないから、(ファクトリーでは)冬の間にはやることがたくさんあると思うよ」

「(エンジンが)よりスムーズになれば、レース(の先頭争い)に参加するのはもっと簡単になると思う」

Read Also:

Additional reporting by Lewis Duncan

Jack Miller, Pramac Racing

Jack Miller, Pramac Racing

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

次の記事
マルケス、痛めた右肩を“予防的”手術へ。脱臼癖を防ぐ狙いか

前の記事

マルケス、痛めた右肩を“予防的”手術へ。脱臼癖を防ぐ狙いか

次の記事

アブラハム放出のアビンティア、理由は“安全な立場”のため? ザルコはファクトリー契約か

アブラハム放出のアビンティア、理由は“安全な立場”のため? ザルコはファクトリー契約か
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント Jerez November testing
サブイベント Monday
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ 発売中 , ジャック ミラー
チーム Ducati Team 発売中
執筆者 David Gruz