テスト驚速も油断はできない……ドヴィツィオーゾ、レース予想は“時期尚早”

シェア
コメント
テスト驚速も油断はできない……ドヴィツィオーゾ、レース予想は“時期尚早”
執筆:
2019/02/10 7:53

セパンテスト最終日はドゥカティがタイムシートのトップ4を独占していたが、アンドレア・ドヴィツィオーゾはそうした結果が現在の戦闘力を正確に反映したものでは無いと語る。

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、セパンテスト最終日をチームメイトのダニーロ・ペトルッチが記録したトップタイムから、0.299秒差の4番手で終えた。また、プラマック・ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤとジャック・ミラーがそれぞれ2番手と3番手を記録しており、ドゥカティ勢がトップ4を独占した形となったが、ドヴィツィオーゾはこうしたラップタイムが現在の戦闘力を正確に反映していないと考えているようだ。

 ドゥカティは開幕前最後のオフィシャルテスト(カタールテスト)まで、新たな空力デバイスを備えたカウルのテストを待つことを示唆していた。しかし、ドヴィツィオーゾとペトルッチらはともに3枚の羽を備えた新型カウルでコースへ出走している。

「新しいカウルのフィーリングは良い。満足しているよ」

 ドヴィツィオーゾは新型カウルについてそうコメントしている。

「今日、僕たちは良いラップタイムを記録できた。それに、沢山のライダーも同じく良いタイムを出していた」

「毎年このサーキットでテストを行っているから、トラックとタイムについてはよく知っている。でも、1分58秒台を見るのは初めてだ。それにドゥカティのマシン4台がトップに上がっているのは本当に嬉しい。マシンのベースが良いという裏付けになるからだ」

「だけど、それはレースでも速いという意味じゃない。(レースでの)最終的な結果を本当に示しているわけじゃないんだ。ただ、僕は満足しているけどね」

 現時点で、誰が主なライバルになりそうかドヴィツィオーゾに尋ねると、彼は「それは時期尚早だろう。ホンダのライダーは(負傷明けで)調子が良くないから、彼らのポテンシャルを理解するのは不可能だ」と答えた。

「ヤマハは去年よりも少し強く、ライダーもいいスタートを切ったと思う。開幕戦ではまた少し強くなっていると思う。それにアレックス・リンス(スズキ)もとても速いが、これも同じようにまだ断定するのは早いだろう」

 ドヴィツィオーゾはペトルッチが非公式ではあるがレコードタイムを記録したことについて、トラックコンディションの改善を考えれば、驚きではないと語っている。

「テスト最終日のタイムには全員が驚かされた。だが(テストの3日間)雨は振らなかったし、トラックは大幅に改善されていた」

「ペトルッチが出したタイムには驚いていない。彼は今までもスピードのあるところを見せていたからね」

「このテストでペトルッチはレースシミュレーションの観点から改善点を見つけようとしていた。それは、今の彼には大事なことだ。ペトルッチにはこれまでに見せてきた物よりも沢山のポテンシャルがあるんだ」

ペトルッチ「見通しは不確実」

 ペトルッチは今回のテストで、ドゥカティ時代のロレンソが記録した非公式のラップレコードを更新したが、彼はこのタイムをあまり重要視していないようだ。

「トップ5に入れたのは良かった」

 彼は新しいカウルを1周で壊してしまったため、その後カウルを試すことはできなかったが、ペトルッチはそう語っている。

「表彰台に登るのに十分かは分からない。去年のレースを思い出して欲しい。ロッシが本当に素晴らしかったからね」

「リンスも暑いコンディションの時とても速い。マルケスについては言わずもがなだろう。だからトップ5を争うのは未だに難しいし、1周のラップタイムはそれ程重要じゃない」

「確かに僕は良いラップタイムを刻んだけど、コンディションもとても良かった。幸いなことにレース(マレーシアGP)は11月に行われるから、まだ取り組む時間はある。でも現時点ではかなり暑いコンディションが僕たちの弱点なんだ」

次の記事
ヤマハの“迷走”は終わるか? ロッシ、ビニャーレスが新マシンに高評価

前の記事

ヤマハの“迷走”は終わるか? ロッシ、ビニャーレスが新マシンに高評価

次の記事

去年欲しかったマシン……アプリリアの新型をエスパルガロ高評価

去年欲しかったマシン……アプリリアの新型をエスパルガロ高評価
コメントを読み込む
まずは最新ニュースを読む